ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

今回はザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめをご紹介します。ここではデイキャンプではなくザックで行く泊りのソロキャンプを想定しています。

ちば

ポイントは以下のようなものです。
  • ザックで行く泊りのキャンプ
  • ソロキャンプに必要な山道具
  • ソロキャンプにあると便利な山道具

ここで想定しているキャンプ場

 

ちば

ご紹介する山道具は、春から秋にかけて以下のキャンプ場でソロキャンプを行う時を想定しています。実際にこれらのキャンプ場で使用しています。

電車で行ける都内のキャンプ場

 

冬でもスリーシーズンの寝袋でキャンプしたいな、という場合は、こちらの記事がすこし参考になるかもです。

mont-bell(モンベル) ダウンハガー800#3で冬キャンプを乗り切る方法

 

ソロキャンプに必要な山道具

 

ちば

ここでは、ソロキャンプに必要な山道具、私が必ず持っていく道具を主にご紹介します。

ザック

ザックの容量は50L~70L前後あれば、どんなザックでもいいと思います。私はなるべくザック本体が軽く、余計なポケットが少ないザックを選んでいますが、キャンプ場なら、30L〜40Lのザックにスーツケースで行っても快適ですよ。何回か目撃しています。あと、一番かさばるのはテントと寝袋です。これのサイズ感で持っていくザックは決まるような気もします。

 

ちば

ザック(というか入れ物)は大きめのほうがいいかもです。実感としてはいろんなものを沢山持っていったほうがソロキャンプは楽しいです。

今使っているザックは主に以下の3つです。

オールシーズン行けるのはMountain MoverとJAM70、クモは夏キャンプ専用です。でも、私はお山も兼ねようとしているので、けっこう何でも良いかもです。

キャンプ用のザック OMM マウンテンムーバー55+15 レビュー Gossamer Gear(ゴッサマーギア)のザック KUMO(クモ)のレビュー

 

テント

ちば

ザックで行くソロキャンプなので、テントは軽さとコンパクトさを重視していますが、居住性、悪天候に強いかどうかなども大事だと思います。なので、行く場所でテントを使い分けています。

 

ソロキャンプもソロ泊り登山もする場合、または天気の悪い日にキャンプする場合は、モンベルのステラリッジテント1型がいいかもです。山岳テントなので軽くて耐水・耐風性があり、山でももちろん使えて安心です。重量は1,568gです。テントポールは2本で自立型です。ダブルウォールです。

ソロキャンプ用のテント mont-bell(モンベル) ステラリッジテント1型 レビュー

 

キャンプ場でのソロキャンプがメインならヒルバーグ エナンが良いです。重量は1,183gです。キャンプ場でのかっこよさと快適さが違います。テントポールは1本で、半自立型です。ダブルウォールです。

 

ちば

北欧テントです!ヒルバーグのテントは値が張りますが、生地が加水分解しにくいので、大事に使えば永く使えますよ!
ソロキャンプ用のテント HILLEBERG(ヒルバーグ)エナン レビュー

 

軽さを重視するならローカスギア クフ・シルが良いかもです。重量は452gと非常に軽量で、しかも美しいです。夏場のキャンプなら、このテントで35L〜40Lのザックでもキャンプ可能です。テントポールはトレッキングポールを使用し、非自立型です。シングルウォールです。床なしテントです。

ソロキャンプにおすすめのテント!LOCUS GEAR Khufu Sil / ローカスギア クフ・シル レビュー

 

シュラフ

シュラフはスリーシーズン用であれば、対応できる季節が長くておすすめですが、ソロキャンプで使うシュラフは、どんなものでも良いと思います。ザックに入るなら、ダウンでなく化繊でもいいと思います。一応選ぶならモンベルのダウンハガー800#3です。公式重量は600gです。

ちなみに私は高2から大学3年ぐらいまで寝袋を家で使ってました。ミズノの化繊のやつでした。0度まで対応のものでした。化繊だと丸洗いしやすく、扱いやすいです。

おすすめのシュラフ mont-bell(モンベル)  ダウンハガー800#3

 

夏用に特化するなら、イスカのエア150Xが良いです。389gで軽量ですし、これ一枚で8℃まで対応できます。

スリーシーズン用と別に持っておけば、春秋などのやや寒い季節にシュラフを二重にして活用することもできます。

夏におすすめのシュラフ ISUKA(イスカ) エア150Xレビュー

 

シュラフのお供としてコンプレッションバッグを必ず使っています。イスカのコンプレッションバッグが使いやすくて2つ持っています。かさばる寝袋がコンパクトにまとまって便利です。スリーシーズンのダウンシュラフなら、容量的に緑色のSサイズがおすすめです。

イスカ(ISUKA) ウルトラライト コンプレッションバッグ レビュー

 

マット

ちば

シュラフの下に敷くマットです。寝るときの快適さを決める大事なものです。買うときは携帯性、断熱性、寝心地などをいちおう検討しています。

これまでたぶん10個ぐらいマットを買っていますが、自分に合ったものがなかなかありませんでした。シュラフよりもこだわった方がいいと思っています。

 

マットの種類としては、そのまま広げて使うタイプ(クローズドセルマット)と、空気を入れるタイプ(インフレータブルマット)があります。

 

ちば

両方重ねて使うスタイルが快適です!

 

具体的には、エバニューのFPmat125などを下に敷いて、その上にクライミットのスタティックVジュニアなどのインフレータブルマットを敷くスタイルが良いです。FPmat125の公式重量は200gですが、実測値は192gで軽量です。

山用のマット EVERNEW(エバニュー)FPmat125 レビュー

 

クライミットのスタティックVジュニア比較的安価で、寝心地がよいマットです。実測値は416gです。

登山・ソロキャンプ用のマット Klymit(クライミット) Static V junior(スタティック V ジュニア) レビュー

 

クライミットのイナーシャ オゾンは枕付きです。就寝中に枕がずれないのでよく眠れます。実測値は369gです。全長は180cmぐらいあるので、足元までカバーできます。ちょっと長めですが、ステラリッジ1型やエナンでも使えます。

以下の記事では、これまでに買ってきたマットについても少し書いています。

ソロキャンプにおすすめのマット KLYMIT(クライミット)イナーシャ オゾン レビュー

 

一枚で済ませたい場合は、

サーマレストのZライトソル スモールが安定です。重量はスモールなら293gと軽量で、寝心地がよく、エア漏れなどの心配もありません。汚れても払えば落ちます。展開・収納もぱたぱた折りたたみするだけで楽です。

おすすめのマット!THERMAREST(サーマレスト) Zライトソル スモールのレビュー

 

ちば

マット類はキャンプで使わなくなっても、家でヨガマットというか、ストレッチなどをするときに敷くと活躍します!

 

グランドシート

 

ちば

グランドシートはテントの下に敷くもので、テントを長持ちさせるために使っています。私は軽さ優先ですが、テントの保護、防水性、保温性などをすこし検討しています。とりあえずなんか敷いとくのがおすすめです!

 

軽さを追求していくと、農業ビニールや、タイベックなどもあります。どちらも実際使用していた時期がありますが、

SOLヘビーデューティーエマージェンシーブランケット軽さと性能の兼ね合いがよくておすすめです。

おすすめのグランドシート SOLヘビーデューティーエマージェンシーブランケット レビュー

 

クッカー

食事の際に必要です。軽さではチタン製が良いですが、調理するならアルミのほうがチタンより焦げにくく、また熱効率が良く調理向きです。アルミの方が安価です。こだわりがなければ、100均のアルミ小鍋も良いです。

私は山では湯沸かしぐらいしかしないので、チタン製だけ持っていき、キャンプ場ではさらにアルミ製のクッカーを追加して持って行っています。

ソロキャンプの時に使っているクッカーをレビュー

 

アルミのクッカーはこれを使っています。

ソロキャンプにおすすめ EVERNEW(エバニュー)アルミボールセット3 レビュー

 

ストーブ

ストーブはSOTOウインドマスター SOD-310が良いです。山でもキャンプでも兼用できて、風に強く、軽量です。

 

ちば

風につよいので風防を持っていかなくなりました!

 

SOTO ウインドマスター SOD-310のレビュー

 

軽さを追求する場合は、アルコールストーブが良いです。ガスより軽くて音が静かです。まあまあマニア向きです。

EVERNEW(エバニュー)専用のアルコールストーブ カルデラコーン レビュー

 

ランタン・ライト

ちば

ランタンはLEDが良いです。中でも長時間点灯するGoal Zero(ゴールゼロ)LIGHTHOUSE microがなかなか高性能でおすすめです!

 

ソロキャンプにおすすめのLEDランタン 170時間点灯するGoal Zero(ゴールゼロ) LIGHTHOUSE micro レビュー

 

ちば

雰囲気重視の場合はUCOキャンドルランタン(ブラス)が良いです。これにする場合は雪丘工房さんのやつも入手すると快適ですよ!

ソロキャンプ用のランタン UCO キャンドルランタン(ブラス) レビュー

 

LEDライトを比較しています。どれも小さめのライトですが、ソロキャンプで使うぶんには十分なものだと思っています。

ソロキャンプにおすすめ!小さいLEDライト・ランタンまとめ

 

虫除け・日焼け止め

蚊の対策と日焼け止めは必須だと思います。両方兼ね備えているのがバスガードです。

キャンプにおすすめ 虫除けできる日焼け止め パラドゥ バズガードUV

 

テント内に入り込んだ蚊の対策はこちら

眠る時はこれ!ソロキャンプにおすすめの虫よけスプレー

 

刺されてしまったら、家で使っている虫刺されの薬なども常備薬として持ってきていると万全です。それぞれ1・2回服用出来るぐらいの量だけ小分けして持ってきておくと安心です。

 

ちば

お山用のと混ざっています。キャンプだけなら、常備薬だけで良いと思います!

 

  • 虫刺されの薬
  • ポイズンリムーバ
  • 頭痛薬
  • 湿布
  • テーピング
  • 絆創膏
  • 胃腸薬
  • ナザール
  • 風邪薬

 

ソロキャンプにあると便利な山道具

 

ちば

ソロキャンプに必須ではありませんが、持っていくとちょっと充実する山道具をご紹介します。

 

焚き火台

ちば

焚き火台がなくても焚き火はできますが、ピコグリル398は燃えている様が美しいです。

 

ソロキャンプにおすすめの焚火台!Picogrill(ピコグリル)398 レビュー

 

小さめの鉄板

ちば

小さい鉄板があると、焼肉やステーキなどをよりおいしく頂けます。焚き火でもガスでもつかえて便利ですよ。

焚き火や炭でもいけますが、この鉄板はガスで使ったほうが火加減の調節ができて快適かつおいしいです。使用後のお手入れも洗ったあとに油を塗るだけでかんたんです。

肉が食べたい!アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron SOLO UL

 

テーブル

ちば

小さなテーブルを持っていくと、平たい場所が確保できてちょっと快適になります!

 

トレックスの『ULコンボテーブル

ソロキャンプにおすすめのテーブル!トレックス ULコンボテーブル

 

水入れ

ナルゲンの『フォールディングカンティーン 1.5L』が便利です。ペットボトルで代用できますが、使わないときは折りたたみ出来て携帯性に優れ、再利用も可能な水筒なので、環境にも優しいです。

ちば

入れたお水の味が変わりません!美味しいお水は美味しいまま頂けます!

 

折りたためる水筒 nalgene(ナルゲン) フォールディングカンティーン レビュー

 

ナイフ

ナイフがなくてもさほど困りませんが、キャンプ中に調理をする場合は便利です。

ちば

オピネルのナイフ#6は安価で軽量、見た目もシンプルです

ソロキャンプ用のナイフ OPINEL(オピネル) #6 ステンレス レビュー

 

スポーク

普通のスポークでも良いと思いますが、一度使うとチタンスポークの方が快適です。

ちば

折れなくなります。
ソロキャンプにおすすめ! LIGHT MY FIRE(ライトマイファイヤー)のチタンスポークのレビュー

 

玉子ケース

ちば

キャンプに玉子を持っていくと充実度ややアップです!入れたままゆで卵も作れますよ

 

ソロキャンプの玉子の持ち運びに!EVERNEW(エバニュー)の2ヶ入玉子ケース レビュー

 

保冷バッグ

夏キャンプに生ものなどを持ち込む場合は、グラナイトギアエアセルブロックスMがあるとちょっと便利です。保冷剤もセットできて、Mサイズなら食材一人分は十分入ります。どうせならサーモスの保冷缶ホルダーも持っていくと充実度アップです。

夏のソロキャンプにおすすめ!GRANITE GEAR(グラナイトギア)エアセルブロックスM レビュー キャンプにおすすめ!THERMOS(サーモス)保冷缶ホルダーのレビュー

 

耳栓

音に敏感な方は、キャンプではまあまあ必須かもです。

ちば

モルデックスのメテオは普段から使っている安定の耳栓です。
おすすめの耳栓 MOLDEX METEORS(モルデックス メテオ)レビュー

 

シュラフカバー・インナーシュラフ

インナーシュラフがあると、シュラフの汚れを防止でき、保温力もややアップします。シュラフカバーはシュラフが濡れるのを防ぎ、保温力をややアップさせます。

ちば

どちらもシュラフの温度調整ができるので、寒がりな方はあると快適になります。

 

シュラフカバーの代用としてSOLエスケープヴィヴィ ODを使っています。保温力がアップします。

シュラフカバーの代用 SOL(ソル)エスケープヴィヴィ ODのレビュー

 

ちば

こちらのインナーシュラフ、コクーンのSMX-RSEライナーLは使用するだけで保温力が5.3℃アップします!

 

おすすめのインナーシュラフ!保温性の高いCOCOON(コクーン)SMX-RSEライナーLのレビュー

 

キャンプから帰ったらすぐやるお手入れ

キャンプから帰ったらとりあえずやるお手入れはこちらです。

キャンプから帰ったらすぐやる山道具のお手入れ

あとがき

今回は、ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめをご紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。