ソロキャンプにおすすめのテント!LOCUS GEAR Khufu Sil / ローカスギア クフ・シル レビュー

今回ご紹介するのはローカスギアのクフ シルです。色はAlpine Green / アルパイン・グリーンです。床の無いフロアレステントで、内部が広い軽量のテントです。

2017年に入手したものの、まだあまり使っていません。とりあえず近所の公園に行って張ってきました。

追記:八ヶ岳の写真を追加しました。

ちば

ポイントは以下のようなところです。
  • 重量は452g
  • フロアレス(床がない)で内部が広い
  • 設置には130㎝以上のトレッキングポールが必要
  • 最初から美しく張るのはちょっと難しい
  • 防水処理が別途必要

ローカスギア クフ・シルの外観

正面から見た図。細引きはまだセットしていません。これは八ヶ岳・赤岳鉱泉で利用したの図です。

 

真横からみた図

ローカスギア クフ・シルはフロアレスで、内部はひろい

広さ的にはこのような感じです。

 

片側を開いた様子。片側だけでも開放感があります。使用しているポールはレキのトレッキングポール。普段使っているポールが短すぎて今回はこれを使いました。

 

 

テント内部の様子

 

テント入り口はこのように留めることができます。左右どちらでもできます。両サイド開くこともできます。

 

 

 

ローカスギア クフ・シルの設置にはトレッキングポールが必要

 

クフ本体のほかに、130㎝の長さに調節できるトレッキングポールが必要になります。公式のポールも販売されています。

 

ちば

フリーライトのトレッキングポールならクフに使用できます。このトレッキングポール自体も軽量で、単体使用もおすすめですが、クフを設営するときにテントポールとして活用できるので、クフを使う場合は特におすすめです。

ソロキャンプにおすすめ クフに使えるFREELIGHTのトレッキングポール

 

 

天井付近の様子。

 

夢中になって写真を撮っていたら、警備員のおじさんに「ここ泊まるの?」と聞かれていまいました。事前に管理事務所には許可もらってたんですけど、不審者に思われてしまいました。

 

 

ローカスギア クフ・シルの重量と収納時の状態

重量は452g。この軽さに惹かれて買ってしまいました。

 

収納時も30cmぐらいでかなり小さいです。

 

購入時には、テント本体の他、説明書と、細引き2束、補修用生地などが入っています。

ローカスギア クフ・シルを最初からきれいに張るのは難しいかも

初めてこの手のテントを買う場合は、すこし練習したほうがいいかもしれません。

 

ローカスギア クフ・シルはシームシーリングされていない

縫い目の防水処理がされていません。そのままでも使用できますが、シルネットなどで自分で防水処理をする必要があります。

 

調べたら、シルネットの新しい黒いモデルがでていて、刷毛が付いているものもあるようです。こっち買えばよかった。

 

 

防水処理済み、インナー付きモデルはこちら

この記事でご紹介しているクフはとても軽いのですが、床やインナーテントが無かったり、防水処理を自分でやったりと中々ハードルが高めです。

特に、インナーがないと虫とたたかう可能性がでてきます。また、縫い目の防水処理は地味に面倒です。そこをカバーしたのがKhufu HBシリーズです。

以下のようなものがセットになっています。2018年7月23日現在で売り切れしているようですが、これいいですね。いまさらですが、私もこれにすればよかったです。通常のクフは納期が長めです。こちらは在庫さえあれば納期が2~3日である点もメリットです。

 

  • Khufu HB シェルター本体(シームテープによる防水処理済み)
  • Khufu HBフル・メッシュ・インナー
  • DACペグS x 16本 (各サック付)

詳細は公式サイトをご確認くださいませ。

参考 Khufu HBLOCUS GEAR / MAGIC WAND, INC.

 

別売りのインナー、Aフレーム化など、拡張性がある

クフにはアクセサリーが豊富にあります。内部にインナーテントを追加することもできます。サイズも豊富です。

 

ローカスギア クフ・シルの設置にはそこそこ場所を取る

内部は広くて快適なのですが、その分設置面積を取ります。設置する場所には少し検討が必要です。

 

ローカスギア クフ シルの入手方法

ローカスギアの公式サイトから入手できます。素材は豊富で、シルナイロン以外にもイーベントやタイベック、キューベンファイバーなどがあります。オプションも充実しています。

出典:LOCUS GEAR

 

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

ザックで行くソロキャンプにおすすめな山道具は以下の記事でご紹介しています。

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

あとがき

今回はローカスギアのクフ シルのご紹介でした。今度はキャンプで使おうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。