OLFAWORKS(オルファワークス) 替刃式ブッシュクラフトナイフ BK1

今回はOLFAWORKS(オルファワークス) 替刃式ブッシュクラフトナイフのご紹介です。

 

オルファが作ったアウトドア用のナイフ

オルファといえばカッターで有名ですね。ブッシュクラフトナイフ BK1はオルファのアウトドア向けブランド、オルファワークスから2020年2月にリリースされています。

このナイフの他に2種類あります。ブッシュクラフトナイフ、フィールドナイフ、フィールドノコギリの3種類がありますが、ブッシュクラフトナイフを入手しました。

 

ちば

公式サイトはこちらです。公式ムービーでは具体的な利用シーンも見れて良いですよ!
参考 OLFAWORKSオルファ株式会社

 

出典:オルファワークス

 

ちば

こちらがブッシュクラフトナイフです。これを買いました。

 

ちば

こちらはフィールドナイフです。

 

ちば

こちらはフィールドノコギリです。コンパクトなノコギリなのでこれちょっと欲しいです。

 

3つある新製品の中でブッシュクラフトナイフを購入した理由

3つの製品の中で一番小さいナイフだったからです。もともとオピネルの#6が好きでずっと使っています。小さいナイフで何でも済ますほうがかっこいいと思っています。

 

ちば

オピネルのナイフは以下でご紹介しています。120年以上世界で使われ続けているナイフです。シンプルで素朴なナイフでこちらもおすすめですよ
ソロキャンプ用のナイフ OPINEL(オピネル) #6 ステンレス レビュー

 

各製品の互換性はない

公式に問合せしたところ、各製品の替刃の互換性はないです。フィールドナイフ、フィールドノコギリなどはサイズ感が近いので実は替刃を買えば行けるのかな、とか思いましたが、だめそうです。欲しい場合はそれぞれ買ってね、ということのようです。

 

以下が実際に回答いただいたメールです。

 

ちば

ちなみに替刃はこちらです。
created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥750 (2020/12/04 11:46:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
オルファ(OLFA)
¥1,080 (2020/12/04 10:27:46時点 Amazon調べ-詳細)

 

ブッシュクラフトナイフのサイズ感

サイズは、全長116mm×幅23mm×厚さ10.5mmです。刃を出しての全長は17cmぐらいです。

 

重さは52gです。軽くていいですね。

 

 

 

ブッシュクラフトナイフの主な特徴

刃が独特な形状をしていて、以下のような機能があります。

ポイント
  • ナイフとして使う
  • 水洗い可
  • ガス缶の穴あけ
  • クッカーを引っ掛けて持ち上げる

ガス缶の穴あけ機能は地味に便利ですね。あと、水洗いができるのも嬉しいです。あと、付属のストラップは伸縮性があります。

 

 

使い切って空のOD缶があったので穴あけをしてみます。

 

 

数ミリ程度の穴をあけることが出来ました。割と簡単にガス抜きができました。

 

ちば

刃に錆止めの油が塗られているので、食べ物や調理に使う前にこれは洗って落としたほうが良いかもです。

 

ステッカーも付いてきます。

 

 

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

ちば

ザックで行くソロキャンプにおすすめな山道具は以下の記事でご紹介しています。

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

 

好日山荘Webshopはお得ですよ

ちば

お得なセールが多いのでよく利用しています。おすすめですよ!
ポイント
  • 好日山荘ポイントが5%つきます
  • お得な特集・キャンペーンが豊富
  • 会員限定のセールもあります
  • ひんぱんに10%OFFセールを開催してます
  • 7560円以上のお買い物で送料が無料に
  • 靴のサイズ交換が一回無料

 

\ 好日山荘Webショップはこちら /

好日山荘《公式通販》

 

山道具がクローゼットからあふれてきたら・・・

ちば

GEAR HACK(ギアハック)がおすすめです。

山道具やキャンプ用品を買い揃えていくと、買ったけどあまり使わない道具もでてきたりして、徐々に収納を圧迫していきませんか?

そういう場合はまとめて買い取ってくれるギアハックが便利かもです。沢山のギアをまとめて整理するのにおすすめです。収納スペースがすっきりするのは快適ですよ。

GEAR HACK(ギアハック) 山道具の買取

 

\  GEAR HACK(ギアハック)はこちら /

 

 

あとがき

今回はブッシュクラフトナイフのご紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。