9月に八ヶ岳・赤岳鉱泉でテント泊してきた

今回は八ヶ岳・赤岳鉱泉でテント泊してきた話です。2018年9月23日〜24日に行ってきました。テント泊はもう結構寒く、朝6時に10℃ぐらいでした。

持っていった山道具一式、前泊とバスの手続き、テント泊の手続き、山頂の様子など、新宿から赤岳鉱泉に行って赤岳に登り、戻ってくるまでの行程をご紹介します。赤岳鉱泉はなんか好きで、八ヶ岳のどこにものぼらずにここに泊まって帰ってくることもあります。

 

ちば

ポイントは以下のようなところです。

 

  • 茅野に前泊して、赤岳鉱泉でテント泊し、翌日に赤岳を登って帰る
  • 持っていった山道具とその重量
  • 茅野・美濃戸口間のバス手続方法
  • 赤岳鉱泉でのテント場手続方法

 

 

コース概略

今回のご紹介する内容の前提は以下のようなところです。

 

  • 季節は9月下旬、秋分の日
  • 天候は晴れ
  • 夜間の山行はしない
  • 登る準備はするけど、やる気のときだけ登る

 

八ヶ岳・赤岳の全体の行程

【前泊】

新宿駅(18:00)・・・茅野駅(20:11)・・・宿

 

 

【1日目】
茅野駅(08:40)・・・美濃戸口(09:17)・・・やまのこ村(10:27)・・・赤岳鉱泉(12:06)・・・出発(13:30)・・・硫黄岳(14:30)・・・赤岳鉱泉(15:45)

 

 

【2日目】
赤岳鉱泉(7:11)・・・行者小屋(07:39)・・・赤岳(09:00)・・・行者小屋(10:19)・・・美濃戸山荘(11:47)・・・美濃戸口(12:30)・・・J&Nでお風呂と生中(12:40~13:10)・・・茅野行バス(13:20)・・・茅野駅(13:57)・・・天玉そば・・・

 

八ヶ岳 コースの地図

今回ご紹介するルートの大まかな地図は以下のようになっています。

出典:yamakei-online

 

八ヶ岳に持っていった山道具

ザックに入れたもの(消耗品除く)

 

種類製品名重量(g)
ザックOMMマウンテンムーバー55+151,010
テントLOCUS GEAR Khufu Sil / ローカスギア クフ・シル452
寝袋モンベル ダウンハガー800#3675
シュラフカバーSOL(ソル)エスケープヴィヴィ OD250
モンベルU.L. コンフォートシステムピロー74
インナーCOCOON SMX-RSEライナーL128
マットエバニューFPmat125192
Klymit(クライミット) スタティック V ジュニア416
グランドシートSOLヘビーデューティーブランケット228
ストーブSOTO ウインドマスター68
クッカーエバニュー チタンクッカー191
エバニュー 400FD48
LIGHT MY FIRE チタンスポーク20
ライトPETZL イーライト26
ランタンGoal Zero(ゴールゼロ) LIGHTHOUSE micro78
サンダルルナサンダル べナード215
レインウェアモンベル バーサライトジャケット157
モンベル バーサライトパンツ94
ザックカバーモンベル ザックカバー35L118
防寒着モンベル EXライトダウンジャケット158
着替えTシャツ、靴下他491
常備薬165
泊りセットカイロ、歯ブラシ、汗拭きシート157
合計5,311

 

ザックに入れた消耗品

赤岳鉱泉の品揃えはかなり充実しているので、少しだけ持っていきました。

種類備考 重量(g)
ガス250缶318
1L1,000
水入れnalgene(ナルゲン) フォールディングカンティーン 1.5L67
250ml302
食料パスタ、スープなど690
合計2,377

 

サコッシュに入れたもの

種類製品名 重量(g)
サコッシュ山と道サコッシュ54
デジカメfinepix xp130206
地図山と高原地図33
kindlekindle paperwhite205
筆記用具74
合計572

 

服装・ウエア類

種類製品名重量(g)
インナーPatagonia(パタゴニア)キャプリーン・ライトウェイト・クルー92
パンツモンベル ストレッチO.D.ショーツMen’s #1105473 (M)185
タイツCW-X スタビライクスモデル194
シューズアルトラ ローンピーク2.5600
帽子NIKE #35719751
手袋日本野鳥の会 アウトドアグローブ56
ポールFIZAN TREKKING COMPACT FRELIGHT354
合計1,532

 

赤岳鉱泉のテント泊に持っていけばよかったと思った装備

ちば

寒さ対策がてきとうだったため、全体的に結構寒かったです。カイロをばんばん使いました。

イスカ エア150X

今回は日中は暖かく、夕方からかなり冷えました。寝袋はダウンハガー800#3だけ持って行きましたが、イスカのシュラフも持っていって二重にすれば良かったと思いました。

夏におすすめのシュラフ ISUKA(イスカ) エア150Xレビュー

 

ハクキンカイロ ミニ

寝る時に使い捨てカイロを3枚使いましたが、ハクキンカイロも持って行けば良かったです。

秋冬キャンプにおすすめ ハクキンカイロ ミニ レビュー

 

パタゴニア ハイロフトダウン

日が暮れてからはモンベル EXライトダウンジャケットを着ても寒かったので、やや厚手のダウンを持って行けば良かったなと思いました。

秋冬キャンプにおすすめ Patagonia(パタゴニア) ハイロフトダウンフーディー レビュー

 

モバイルバッテリー

今回は携帯の電池とカメラの電池が全然持たなかったので、モバイルバッテリーがあればいいなと思いました。これを機にAnker PowerCore Fusion 5000を購入しました。急速充電器とモバイルバッテリーが一体になっているもので、便利そうです。実測値は185gです。

 

 

前泊時の行程

前泊時は移動だけなので、とりあえず電車に乗り遅れないようにします。

【前泊】

新宿駅(18:00)・・・茅野駅(20:11)・・・宿

 

新宿→茅野行きあずさの購入方法

出典:Yahoo!乗換案内

茅野駅までの切符は、えきねっとで予約しておくのがおすすめです。料金は5,500円ぐらいです。受取は当日までに指定席券売機からできます。

金曜日夜のあずさ指定席は満席の場合が多いです。早めに押さえておくと安心です。

また、受取の際は予約時のクレジットカードが必要です。新宿駅で出発直前に受け取ろうとすると指定席券売機が混んでいたりして焦るので、受取もやや早めが良いかもです。

 

 

出典:えきねっと

ちば

あずさに乗る場合は路線を中央線特急にします。

 

切符の受取は指定席券売機で行えます。

 

指定席券売機では「インターネット予約の受取り」ボタンを押せば処理を進めることができます。

 

 

茅野での宿の予約

茅野での宿は、インターネットのホテル予約サイトなどで押さえておきます。私はちのステーションホテルをよく使います。

ちば

インターネットの予約サイトで部屋がなくても、直接ホテルに電話すると空いていたりしますよ。今回は前日でしたが電話で予約できました。

 

一日目の行程

ちば

この日は茅野駅から美濃戸口までバス移動して、赤岳鉱泉まで歩きます。13:00頃からお風呂に入れます。お風呂は早い時間がけっこう空いているような気がします!

【1日目】
茅野駅(08:40)・・・美濃戸口(09:17)・・・やまのこ村(10:27)・・・赤岳鉱泉(12:06)・・・出発(13:30)・・・硫黄岳(14:30)・・・赤岳鉱泉(15:45)

 

 

茅野駅から八ヶ岳(美濃戸口)のバスに乗る方法

主なポイントは以下のようなところです。

  • 窓口は7:30から開いている
  • 往復料金は1,550円
  • 八ヶ岳(美濃戸口)行きは4番乗り場
  • 前側ドアから乗降する
  • チケットは降りる時に渡す

 

チェックアウト後は茅野駅に向かいます。写真はきっぷ売り場です。7:30から開いています。

 

出典:茅野市

時刻表の目安はこのような感じです。

 

出典:茅野市

運賃表の目安はこのような感じです。

 

茅野市のサイトに美濃戸口線の時刻表・運賃などが載っています。

 

アルピコ交通のサイトはこちら。

 

 

窓口で茅野・美濃戸口間の往復チケットを購入します。料金は1,550円です。

 

切符を入手出来たら、バス乗り場に向かいます。4番が美濃戸口行きです。

 

到着です。

 

J&Nにちょっと寄って、もふもふの様子を確認します。

 

3歳。眠そうだった。

 

帰りに寄ります。

ちば

生中とお風呂で千円ぐらいです。かなりお得だと思います!

 

登山届を書きます。

 

ルートをなぞります。

 

登山届を書いた後、ちょっと準備して出発です。

 

 

 

しばらくこのような道を歩きます。

 

途中で微妙に分岐しますが、どちらに行っても合流します。写真左側は車がよく通ります。

 

ある程度歩くと美濃戸山荘に到着します。大きいきのこが置いてありました。

 

ここから北沢・南沢に分岐します。北沢が楽です。また、赤岳鉱泉に行く場合は北沢が近いです。帰りは赤岳に行くので、行者小屋から南沢を経由して戻ってきます。

 

到着です。

 

八ヶ岳・赤岳鉱泉のテント受付・手続方法

赤岳鉱泉に到着したら、テントの手続きをします。

  • 小屋の受付で、テント泊を申し出ます
  • 申込書に記入します
  • 料金は一泊1,000円です
  • テントにつけるタグを受け取ります
  • トイレは当日と翌日使用可能になります

 

キャンプ届を記入します。

 

テントにつけるタグと、案内書を受け取ります。

 

水場はこのような感じです。うまいです。

 

すぐ隣には飲み物が販売されています。角ハイ置いてほしいです。

 

今回はクフを持っていきました。

 

ちば

このテントについては、以下の記事でご紹介しています
ソロキャンプにおすすめのテント!LOCUS GEAR Khufu Sil / ローカスギア クフ・シル レビュー

 

 

 

お昼ごはんを食べてから、お風呂に入るか少し迷って、硫黄岳に向かいました。

 

登るのに関係ない荷物はテントに置いてきたので、ばんばん歩きます。

 

1時間ぐらいで到着しました。

 

天気がいいです。ちょっと休憩してテントに戻ります。

 

しか発見。すごい見てる。

 

すぐ逃げられたので、これしか撮れなかったです。

 

戻ってきました。温泉に入ります。

 

八ヶ岳・赤岳鉱泉の温泉の入り方

 

  • カウンターでお風呂利用を申し出る
  • 料金は1,000円
  • 靴はげた箱にいれる
  • 浴室は6~7畳ぐらい
  • 湯おけ・椅子があるので、浴槽に入る前に汗を流す
  • 石鹸類は使えない
  • 湯が熱い場合は水(赤い蛇口)をつかう
  • 浴槽奥から熱い湯が送られてくる
  • 脱衣所と同じ空間に浴室がある

温泉は3~4人ぐらいの方が入っていました。さっぱりしたあとにもつ煮とビールをいただきます。

 

キジバト発見。

 

日が暮れたらけっこう寒かったです。19時ごろにはデッキから人が少なくなりました。暗くなるまで飲んで、この日は20時ぐらいに寝ました。

 

二日目の行程

ちば

この日は、テントを撤収して赤岳に登った後、家まで帰ります。

 

【2日目】
赤岳鉱泉(7:11)・・・行者小屋(07:39)・・・赤岳(09:00)・・・行者小屋(10:19)・・・美濃戸山荘(11:47)・・・美濃戸口(12:30)・・・J&Nでお風呂と生中(12:40~13:10)・・・茅野行バス(13:20)・・・茅野駅(13:57)・・・天玉そば・・・

7時ごろの気温。夜は寒かったです。

 

朝めしをたべて、行者小屋方向へ行きます。

 

 

 

行者小屋にはよらず、そのまま地蔵尾根に向かいました。手が冷たい。

 

地蔵の頭。ちょっと休憩して、赤岳を目指します。

 

小鳥発見。名前がわからない。

 

赤岳を経由して文三郎尾根から行者小屋を目指します。

 

 

 

ここまできたらあとは飛ばします。

 

行者小屋に到着です。缶ビールをいただきました。

 

 

 

この辺でカメラの電池が尽きそうになりました。

 

J&Nでの日帰り入浴がおすすめ

 

ちば

J&Nでは日帰入浴も可能です。ザックは入り口外の棚か、脱衣所前に置いて利用します。お風呂とその後の生ビールがおすすめです!

 

 


出典:J&N

 

美濃戸口からのバスの乗り方

 

  • 行きと基本的に同じ
  • ザックを置いて順番待ちできるが、バスが来た時に居ないと意味がない

 

 

出典:茅野市

茅野市のサイトに美濃戸口線の時刻表・運賃などが載っています。

 

アルピコ交通のサイトはこちら。

茅野駅について駅そばをいただきました。

その他

八ヶ岳の天気を確認する方法

山登りの際の天気予報はヤマテンで確認します。メールで山域指定の天気予報を確認できます。ここで大荒れ情報などがでていないことを確認しておくと安心です。

 

出典:ヤマテン

出典:ヤマテン

 

八ヶ岳に登るときの保険について

遭難時の捜索費用負担があるものに入っておくと安心です。たとえば、登はん用具を使用しない山登りなら、ヤフーのちょこっと保険が100万円までカバーしてくれます。

参考 月額330円からの山大好きプランYahoo!保険

 

モンベルも短期補償タイプ1泊2日、250円から保険があります。

参考 モンベルのアウトドア保険モンベル

 

GWに赤岳鉱泉に行った話を以下の記事dご紹介しています。

GWに小屋泊山歩き 八ヶ岳・赤岳鉱泉に行ってきた

 

山から帰ったらすぐやるお手入れ

山から帰ったらとりあえずやるお手入れはこちらです。

キャンプから帰ったらすぐやる山道具のお手入れ

 

あとがき

今回は八ヶ岳のご紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。