ソロキャンプ用のランタン UCO キャンドルランタン(ブラス) レビュー

今回はUCOキャンドルランタンをご紹介します。ソロキャンプにはいつも必ず持っていくランタンです。

ちば

おすすめのキャンドルランタンです。重いです。

 

UCO キャンドルランタンを眺めていると落ち着く

ちば

ローソクなので、基本暗いです。照明としての機能はあまり期待できませんが、このランタンを眺めていると落ち着きます。

 

テント内での使用時。ぶつからないように気を付けていても結構ぶつかるので、就寝時は外しています。

 

吊るして使用できます。このテントについては、以下の記事でご紹介しています。

 

ソロキャンプ用のテント HILLEBERG(ヒルバーグ)エナン レビュー

 

 

タイベックを敷くと明るさが多少アップしますが、灯火採集状態になるのでよってくる虫が増えます。

 

created by Rinker
ユーコ(UCO)
¥5,378 (2021/07/28 11:36:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

UCO キャンドルランタンは風にまあまあ強い

このキャンドルランタンには、ガラスのホヤがついていて、風が強いときでも火が消えにくいです。逆に火の揺らめくのを見たい場合は、このガラス部をすこし開けた状態でつかうといい感じに揺らめくので、無風の状態のときはちょい開けがおすすめです。

 

燃料はローソク

燃料は専用のキャンドルです。3本セットで販売されています。

まあまあ高いので、カメヤマのローソクで代用しようとしたこともありましたが、上手くフィットしなかったので純正のキャンドルが無難です。

created by Rinker
ユーコ(UCO)
¥470 (2021/07/28 11:36:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

虫除けもできるバージョンもあります。使ったことはないです。

 

 

蜜蝋バージョンもあります。みつばち由来の自然素材で安心です。これも使ったことはないですが、蜜の香りがするのか気になります。

 

 

UCO キャンドルランタンのブラスは重めだが、使い込むと味がでてくる

今回ご紹介しているUCOのキャンドルランタンはブラス製で重いです。軽量化をするのが好きなので、重さは敵なのですが、このランタンについては重くても関係なく使っています。ブラスは使っていると徐々にくすんできて、風合いの変化も楽しめます。また、ピカールで磨けば輝きがもどります。

created by Rinker
ピカール
¥372 (2021/07/28 11:36:56時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

持つとずっしりと重いです。

 

使用時の状態

 

収納時の状態

created by Rinker
ユーコ(UCO)
¥5,378 (2021/07/28 11:36:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

明るさを求めるならLED

ぼくはメインの照明としてキャンドルランタンを使っていますが、小さなLEDライトも持って行っています。細かいものを見たり確認する場合にはあったほうが便利です。

Goal Zero(ゴールゼロ)のLIGHTHOUSE microが良いです。以下の記事でご紹介しています。

ソロキャンプにおすすめのLEDランタン 170時間点灯するGoal Zero(ゴールゼロ) LIGHTHOUSE micro レビュー

 

ちば

こちらのキャリーザサンはソーラー充電のLEDランタンです。

CARRY THE SUN(キャリー・ザ・サン) ウォームライトスモール

 

ちば

こちらのレッドレンザーML4は専用充電池の他、単3電池も使えるLEDランタンです。

ソロキャンプ用のランタン レッドレンザーML4

 

 

UCO キャンドルランタンの燃焼中は注意

燃焼中はランタン上部が高温になります。ぼくは酔っぱらってランタンに触ってしまい、新調したばかりのダウンに穴を開けてしまいました。

 

UCO キャンドルランタンはオプションでフラットリフレクターが売っている

このランタンはランタン下部に影ができてしまい、手元が暗いです。オプションのフラットリフレクターをセットすると、手元に光が行くようになります。ただ、これをつけても劇的に明るさが変わるわけではないです。

 

ランタン下部に影ができている

 

フラットリフレクターをセットすると、ランタン下部を照らすようになりますが、このように低い位置においてしまうと今度は炎が見えなくなります。やや高い位置に吊るす場合におすすめです。

created by Rinker
ユーコ(UCO)
¥5,378 (2021/07/28 11:36:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

UCO キャンドルランタンはオイル化が可能

純正のローソクは高いので、頻繁に使うと結構な出費になります。雪丘工房さんで販売しているオイルカートリッジを購入すれば、オイル化できます。このランタンを買うのなら、オイルカートリッジも入手したほうがより快適に楽しめます。これはシングルで、火が二つのダブルも販売されています。

 

参考 シングルタイプ オイルカートリッジ雪丘工房

 

 

ランタンにセットした状態

 

点火するとこのような感じ。明るさはローソクと同程度。

 

 

ちば

以下のキャンドルでもオイル化できるようですよ
created by Rinker
MG TRAIL
¥1,580 (2021/07/28 00:27:21時点 Amazon調べ-詳細)

 

オイル化した場合に必要なもの

オイル化後のグッズとしては、燃料と燃料入れ、漏斗が必要になります。

燃料

燃料はパラフィンオイルを使っています。

created by Rinker
STAR(スター)
¥1,466 (2021/07/28 00:27:22時点 Amazon調べ-詳細)

 

燃料入れ

予備燃料はナルゲンの250mlを使っています。

created by Rinker
NALGENE(ナルゲン)
¥550 (2021/07/28 00:27:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

漏斗

漏斗は100均で入手したものを使っています。ぼくはダイソーで買いました。

 

価格と軽さ重視ならアルミもおすすめ

ブラス製は高いです。アルミならブラスに比べ価格も下がり、かつ重量も軽くなります。

created by Rinker
ユーコ(UCO)
¥3,600 (2021/07/28 12:51:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ケースもあると安心かも

ちば

ホヤがガラスなので、ケースがあると安心かもです。

 

 

 

 

今回ご紹介した製品

created by Rinker
ユーコ(UCO)
¥5,378 (2021/07/28 11:36:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

ちば

キャンドルランタンを持って行った時の記事は、こちらでご紹介しています

若洲公園キャンプ場に持って行きました。

平日キャンプがおすすめ!木曜日に若洲公園キャンプ場に行ってきた

 

川井キャンプ場で使いました。

平日キャンプがおすすめ!金曜日に川井キャンプ場に行ってきた

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

ちば

ザックで行くソロキャンプにおすすめな山道具は以下の記事でご紹介しています。

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

 

ソロキャンプの時に使っているクッカーまとめ

キャンプや山登りで使用しているクッカー類はこちらでご紹介しています。

ソロキャンプの時に使っているクッカーをレビュー

 

好日山荘の公式通販 GsMALL(ジーズモール)もおすすめですよ

ちば

好日山荘はお得なセールが多くておすすめですよ!通販サイトがリニューアルしてGsMALL(ジーズモール)という名前になりました。
おすすめポイント
  • 商品詳細ページにある好日山荘バイヤー目利き機能が便利
  • お得なセール・キャンペーンが頻繁に開催
  • 割と珍しい製品も売っている
  • 支払金額の税抜価格2%をポイント付与
  • 会員限定のセールもあります
  • 送料が1注文につき480円(税込)とけっこう安い

 

 

<好日山荘の公式通販 GsMALLはこちら>

 

 

 

出典:GzMALL

ちば

セール品はこの様な感じで人気製品も豊富ですよ。

 

 

出典:GzMALL

ちば

こちらの目利きデータは商品ごとに用意されています。普通だったら実店舗で直に聞かないと知ることのできない情報が数値化されていて結構便利だと思います!

 

 

<好日山荘の公式通販 GsMALLはこちら>

 

 

山道具がクローゼットからあふれてきたら・・・

ちば

GEAR HACK(ギアハック)がおすすめです。

山道具やキャンプ用品を買い揃えていくと、買ったけどあまり使わない道具もでてきたりして、徐々に収納を圧迫していきませんか?

そういう場合はまとめて買い取ってくれるギアハックが便利かもです。沢山のギアをまとめて整理するのにおすすめです。収納スペースがすっきりするのは快適ですよ。

 

 

 

\  GEAR HACK(ギアハック)はこちら /

山道具の買取 UZD(ユーズド)※旧ギアハック

 

あとがき

今回はUCOキャンドルランタンについてのご紹介でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。