ソロキャンプ用のランタン UCO キャンドルランタン(ブラス) レビュー

今回はUCOキャンドルランタンをご紹介します。ソロキャンプにはいつも必ず持っていくランタンです。

ちば

おすすめのキャンドルランタンです。重いです。

UCO キャンドルランタンを眺めていると落ち着く

ローソクなので、基本暗いです。照明としての機能はあまり期待できませんが、このランタンを眺めていると落ち着きます。

テント内での使用時。ぶつからないように気を付けていても結構ぶつかるので、就寝時は外しています。

 

吊るして使用できます。このテントについては、以下の記事でご紹介しています。

 

ソロキャンプ用のテント HILLEBERG(ヒルバーグ)エナン レビュー

 

 

タイベックを敷くと明るさが多少アップしますが、灯火採集状態になるのでよってくる虫が増えます。

 

UCO キャンドルランタンのブラスは重めだが、使い込むと味がでてくる

今回ご紹介しているUCOのキャンドルランタンはブラス製で重いです。軽量化をするのが好きなので、重さは敵なのですが、このランタンについては重くても関係なく使っています。ブラスは使っていると徐々にくすんできて、風合いの変化も楽しめます。また、ピカールで磨けば輝きがもどります。

 

持つとずっしりと重いです。

 

使用時の状態

 

収納時の状態

 

明るさを求めるならLED

私はメインの照明としてキャンドルランタンを使っていますが、小さなLEDライトも持って行っています。細かいものを見たり確認する場合にはあったほうが便利です。

Goal Zero(ゴールゼロ)のLIGHTHOUSE microが良いです。以下の記事でご紹介しています。

ソロキャンプにおすすめのLEDランタン 170時間点灯するGoal Zero(ゴールゼロ) LIGHTHOUSE micro レビュー

 

UCO キャンドルランタンの燃焼中は注意

燃焼中はランタン上部が高温になります。私は酔っぱらってランタンに触ってしまい、新調したばかりのダウンに穴を開けてしまいました。

 

UCO キャンドルランタンはオプションでランプシェードが売っている

このランタンはランタン下部に影ができてしまい、手元が暗いです。オプションのランプシェードをセットすると、手元に光が行くようになります。ただ、これをつけても劇的に明るさが変わるわけではないです。

 

ランタン下部に影ができている

 

シェードをセットすると、ランタン下部を照らすようになる

 

UCO キャンドルランタンはオイルランタン化が可能

純正のローソクは高いので、頻繁に使うと結構な出費になります。雪丘工房さんで販売しているオイルカートリッジを購入すれば、オイルランタン化できます。このランタンを買うのなら、オイルカートリッジも入手したほうがより快適に楽しめます。これはシングルで、火が二つのダブルも販売されています。

 

参考 シングルタイプ オイルカートリッジ雪丘工房

 

 

ランタンにセットした状態

 

点火するとこのような感じ。明るさはローソクと同程度

 

今回ご紹介した製品

 

ちば

キャンドルランタンを持って行った時の記事は、こちらでご紹介しています

若洲公園キャンプ場に持って行きました。

平日キャンプがおすすめ!木曜日に若洲公園キャンプ場に行ってきた

 

川井キャンプ場で使いました。

平日キャンプがおすすめ!金曜日に川井キャンプ場に行ってきた

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

ザックで行くソロキャンプにおすすめな山道具は以下の記事でご紹介しています。

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

 

あとがき

今回はUCOキャンドルランタンについてのご紹介でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。