おすすめのインナーシュラフ!保温性の高いCOCOON(コクーン)SMX-RSEライナーLのレビュー

今回はコクーンのインナーシュラフSMX-RSEライナーLをご紹介します。公式重量は120gと軽量です。保温性の高い生地でできていて、使うだけで+5.3℃という高い保温力を発揮します。収納時もかなりコンパクトになります。

この製品は名称がよく変わっているような気がします。ぼくが買ったときは確かエクスペディションライナーという製品名だったと思いますが、現状でも正式名称がサイトによってSMX-RSEライナーだったり、マミーライナーだったりと異なります。

文字がかすれていますが、Expedition Linerと書いてあります。

どれも型番は同じで、12550020001007です。ぼくはアマゾンで購入したので、とりあえずここではアマゾンに倣ってSMX-RSEライナーLとしてみます。

ちば

この製品のポイントは以下の3つです。
  • シュラフに追加すると5.3℃アップ
  • 重量が120gと最軽量クラス
  • 商品名が混在しててわかりづらい

SMX-RSEライナーLの加算温度はプラス5.3℃

SMX-RSEライナーLの素材は、100%リップストップシルクという素材です。

ちば

保温性が高く、このインナーシュラフを使わなかった場合と比べ、使うだけでシュラフ内の温度が5.3℃アップします。

出典:A&Fcountry

created by Rinker
COCOON(コクーン)

SMX-RSEライナーLは軽い

このモデルはちょっと型がふるいので、現行のものとちょっと重さが異なるかもしれません。それでも128gはかなり軽量だと思います。上記のリストにあるように、今のものは110gとさらに軽くなっているようです。

ちば

追記:ちょっと勘違いしていたみたいで、SMX-RSEライナーLはサイズが3種類存在していて、日本で販売されているサイズは215×85cmの1種類のみ、公式重量は120gのようです。

コクーンの製造元のDesign Salt社のホームページを参照すると、どうやら正式な型番は『SMX-RS』で、サイズはSMX-RS1、SMX-RS2、SMX-RS3の3つがありました。日本では、SMX-RS2が販売されているものと思います。

出典:cocoon

※枠線は当サイトでつけました。

参考 Ripstop Silk ExpeditionCOCOON

実測値は128g。インナーシュラフとして考えた場合、最軽量のクラスだと思います。

created by Rinker
COCOON(コクーン)

SMX-RSEライナーLはコンパクト

ちば

専用の袋が付いていて、小さくまとまります。小さいので荷物になりません。

直径は約7㎝

長さは約18㎝

SMX-RSEライナーLの詳細

広げるとこのような感じ。マミー型です。

袋からだすと、このような感じです。しわしわですが、使用上はあまり関係ありません。

インナーシュラフと袋は取れないようになっています。袋をなくす心配がなく便利です。

生地表面。さらさらして柔らかい生地です。かなり薄いです。

向こう側が透けてみえます。

顔の付近にゴムが付いていて絞ることができます。

全部絞ると頭まで覆うことができます。

インナーシュラフの各所にこのようなゴムの輪が付いています。

created by Rinker
COCOON(コクーン)

SMX-RSEライナーLは夏に必要かどうか

ちば

ぼくは寒がりなので夏でも必需品です。

キャンプや山などでは就寝時は思っていたより寒い場合があります。SMX-RSEライナーLなら軽くてコンパクトなので、使わない場合でも保険として持って行きやすいです。

SMX-RSEライナーLが汚れたら、ふつうに洗濯しています

インナーシュラフなので、どうしても汗や皮脂などの汚れがつきます。気になったらばんばん洗濯しています。

これまでに使っているインナーシュラフ

イスカ(ISUKA) ライナーサイドジッパー スーパーライト

イスカのインナーシュラフも持っていますが、使い心地はいいです。320gとやや重めで、イスカの夏用シュラフであるエア150xとそんなに重量が変わりません。重量や保温力はコクーンのインナーシュラフのほうが優れているので、コクーンの利用率が多めです。

deuter(ドイター) ソフトマイクロシーツ

こちらのインナーシュラフは旅行の時に持っていきます。さらっとした使い心地です。現在あまり販売されていないようです。

 

すこし気になるインナーシュラフ

シートゥーサミットのインナーシュラフは保温性が高いものがリリースされているようです。

ちば

こちらは+15℃です!399gもあるのでインナーとしてはまあまあ重いです。

ちば

こちらは+8℃です!248gなので、インナーとしては軽いかもです。

ちば

こちらは+11℃です!263gなので、上記2つの中間ぐらいの性能です。

軽くて保温力のあるインナーシュラフをお探しの方に

created by Rinker
COCOON(コクーン)

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

ザックで行くソロキャンプにおすすめな山道具は以下の記事でご紹介しています。

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

泊り登山の山道具まとめはこちら

ちば

泊り登山の山道具まとめはこちらです。このときはコクーンのインナーも使っています。

槍ヶ岳でテント泊 持っていった山道具と全行程まとめ

ちば

2018年9月に屋久島に行ったときのお話です。持っていきましたが、このときはコクーンのインナーは使いませんでした。

屋久島・宮之浦岳でテント泊 持って行った山道具と全行程まとめ その1

ちば

2018年9下旬に赤岳鉱泉に行ったときのお話です。夜寒く、このときはコクーンのインナーが活躍しました。

9月に八ヶ岳・赤岳鉱泉でテント泊

まとめ

今回はコクーンのインナーシュラフをご紹介しました。もしものときの寒さ対策として、キャンプの時にはいつも持っていくインナーです。今使っているシュラフの保温力をアップさせたい場合に良いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。