肉が食べたい!アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron SOLO UL

今回は鉄板のご紹介です。アウトドア野外鉄板 WOOPs Iron SOLO ULというのを買いました。

ちば

ひとり用の鉄板としておすすめです!

野外鉄板は焚き火でもガスでも使える

焚き火でも普通に使えました。今回は焚き火でしたが、ガスでも使えるので、次に試してみようと思います。この焚き火台が傾いていたので、載せるときに2度程焚き火内に転落しました。

 

ウインドマスターでも使ってみました。

 

 

野外鉄板は皿としてもつかえる

鉄板はお皿として使えます。

ちば

保温力があるので、あつあつのまま頂けます。

 

野外鉄板 WOOPs Iron SOLO ULの内容物

鉄板のほか、取っ手、コテがついてきました。

 

保管用の袋と耐油性の袋がついてきます。保管時は耐油性の袋にいれて、さらに保管用の袋にいれます。使用後は洗わずに持って帰ってきたので、これには入れずにジップロックに入れました。

 

重さはこのぐらい。

 

大きさは15cmの正方形です。

ちば

小さめですが、ソロにはちょうどいいサイズ感でした。

 

 

 

 

ヨコザワテッパン ハーフと迷った

サイズ的にはヨコザワテッパンのハーフと同じだったので迷いましたが、縁に角度がついていることと、付属の取っ手が使いやすそうだったので、こちらにしました。ただ、取っ手は鉄板にうまく入らなかったりして、微妙に慣れが必要かもです。

 

 

野外鉄板のシーズニングはよくわからなかった

取説にあるようにやったつもりですが、正しかったのかよくわかりませんでした。

鉄板に最初についている油を落とさずにシーズニングしたら、鉄板に焦げ跡がついてしまったので、購入時はまず洗ってこの油を落としてからシーズニングしたほうが良かったかも。

 

野外鉄板の使用時はオリーブオイルがあったほうが良さそう

使用時もお手入れ時も油を使うので、ナルゲン125mlにオリーブオイルを入れて持っていきました。

 

使用後のお手入れは簡単

使用後は水洗いして乾いたらオリーブオイルを塗って保管です。ぼくは汚れたままジップロックにいれて家でお手入れしました。

 

あとがき

今回はアウトドア野外鉄板 WOOPs Iron SOLO ULのご紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。