Gossamer Gear(ゴッサマーギア)のザック KUMO(クモ)のレビュー

今回はゴッサマーギアのザック、クモ(雲)のご紹介です。

ちば

軽くて使いやすいザックです

ザックについているマット

ザック上部のマットは以下の記事でご紹介しています。

おすすめのマット!THERMAREST(サーマレスト) Zライトソル スモールのレビュー

外観

ザック正面。中央の黒い部分はストレッチ素材。中のものを取り出しやすいです。メッシュになっていて中身が見えます。下まで物が入るので、意外に容量があります。

 

ザックの背面側。背負うときのショルダーストラップは広めで、肩に密着する感じです。

 

背面のパッドは着脱可能です。座布団として使ったりできます。

 

胸のストラップにはホイッスル機能もあります。

 

上部には小さいポケットが付いています。ファスナー付きです。

 

内部の写真。

 

ザックの雨蓋は左右にあるバックルで固定されています。

 

雨蓋の裏側。もう一つバックルがついています。

 

両サイドのポケットが付いている。500mlのペットボトルが収まる。ストックを立てて入れたりします。

ザック重量

ザックの重量は572g。軽いです。パッドを下に敷いて、その上にザック本体をまるめて置いて計測しています。

容量は36L

基本的に日帰りの山歩き用として使っています。あと、荷物の少ない夏場のソロキャンプでも使っています。夏にステラリッジ1型を入れて甲斐駒ヶ岳の長衛小屋行ったことがありますが、他の装備の軽量化が進んでいなかったので、割と限界でした。

 

kumoの入手方法

出典:Hiker’sDepot

ソロキャンプと山歩きにおすすめのザックまとめはこちら

ソロキャンプと山歩きにおすすめのザックまとめ

 

ザックで行くソロキャンプの山道具はこちら

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

 

泊りの山歩きの装備はこちら

槍ヶ岳でテント泊 持っていった山道具と全行程まとめ

 

あとがき

今回はゴッサマーギアのザック、クモ(雲)についてご紹介しました。最後まで読んでいただきありがとうございました。