シュラフカバーの代用 SOL(ソル)エスケープヴィヴィ ODのレビュー

今回ご紹介するのはSOLエスケーブヴィヴィ ODです。 型番は12516です。エマージェンシー用の製品ですが、シュラフカバーの代用として使っています。

ちば

寒さ対策として持って行っています。

 

エスケープヴィヴィ ODをとりあえず持って行くいくつかの理由

シュラフカバーの代用なので、テント内の濡れからシュラフを守ってもらうのが主な役目です。中が結露するのは寒い時期のキャンプだけなので、本来は不要だと思いますが、キャンプには毎度持っていきます。

焚き火時のブランケット

ソロキャンプ時の食事・読書など、焚火の前でじっとしている状況でエスケーブヴィヴィ ODをブランケット代わりに使用しています。シュラフだと穴があくのです。これに包まりながら焚き火に当たると快適です。あまり焚火に近づきすぎると穴があきます。冬場のキャンプでは中にシュラフを入れて使えばぽかぽかです。

 

焚き火に近づきすぎて燃えてしまいました。

 

眠る時の寒さ対策

寒くて眠れないのは避けたいので、保険として持っていきます。エスケーブヴィヴィ ODをシュラフに追加すれば、温かくなります。

エマージェンシー用

本来の機能ですが、緊急時にも使えます。

重さは250g

重さは250gです。軽いので、持っていく気になります。

 

袋から出すとこのような感じ。きちんとたたんでいなくても袋にはなんとか入ります。

 

 

 

エスケープヴィヴィ ODは防水処理はされていないが、あまり困らない

エスケーブヴィヴィ ODは防水処理されていません。でも、されていなくてもあまり困っていません。

 

ファスナーもふつうのものです。

 

防水が必要な局面がこない

タープやフロアレステントなどで使用するなら、防水性があったほうが便利かもしれません。ぼくはステラリッジやエナンなどのテントをメインに使っているので、雨はテントが防いでくれます。なので防水性はそこまで必要ではないです。

これ以上しっとりしたら困るかも

MEMO
使用後はシュラフがしっとりします。といっても許容範囲ですが、防水処理を施されたらよりしっとり度が増すような気がします。

 

 

エスケープヴィヴィ ODのちょっと不便なところ

ファスナーが足元までない

寝るときに足が温まってきて暑くなっても出せません。元々エマージェンシー目的の製品なので、期待するのもどうかと思いますが、足元まで開かないのはまあまあ不便です。気になる場合は普通のシュラフカバーがいいかもです。ただ、暑くなったら上からかけて使うなど、単にここから出ればいいだけかもしれません。

今回ご紹介した製品

 

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

ザックで行くソロキャンプにおすすめな山道具は以下の記事でご紹介しています。

ザックで行くソロキャンプにおすすめの山道具まとめ

 

あとがき

今回はソル エスケープヴィヴィ ODをご紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。