イスカ(ISUKA) ウルトラライト コンプレッションバッグ レビュー

今回はイスカ(ISUKA) ウルトラライト コンプレッションバッグsのご紹介です。

ちば

寝袋の圧縮におすすめです

高圧縮でザックを有効に使える

かさばる寝袋をかなり圧縮できて便利です。ザックの容量を効率的に使うことができます。

 

ウルトラライト コンプレッションバッグsのサイズはφ15×40cmです。圧縮後は20cm前後まで小さくなります。

 

公式重量は120gです。

 

 

イスカ ウルトラライト コンプレッションバッグのサイズ感

 

ちば

僕はこのSサイズが使いやすくて、二つ持っています。

モンベル ダウンハガー#3が収まる

モンベルのダウンハガー#3が入ります。アイマスクやインナーシュラフなども一緒に入れています。

このシュラフについては以下の記事でご紹介しています。

おすすめのシュラフ mont-bell(モンベル)  ダウンハガー800#3

 

 

モンベル ステラリッジテント1が収まる

モンベルのステラリッジテント1型が入ります。そもそもテントを入れるものではないと思いますが、純正の袋よりコンパクトに収納できます。インナーテントとレインフライをまとめて入れています。

このテントについては以下の記事でご紹介しています。

ソロキャンプ用のテント mont-bell(モンベル) ステラリッジテント1型 レビュー

 

 

圧縮すると、中の物がしわになる

かなり圧縮することができますが、中のものはしわしわになります。着替えなどの衣類を入れる場合は、ちょっと注意が必要かもです。

 

イスカ ウルトラライト コンプレッションバッグは撥水するが、防水ではない

多少の撥水性はありますが、防水ではありません。雨でぬれたテントをしまうと防水ではないのでザック内が濡れます。対策は特にしていませんが、ポリ袋などでくるんだりしています。

 

裏地の縫い目は防水処理などはありません。

 

慣れるまで収納がややストレス

ベルトが絡まる事が多いです。寝袋をしまう時は、出発前と泊まった翌朝が多いですが、圧縮作業はやや億劫です。そしてベルトが絡まっていると、まあまあストレスです。何回か使うと慣れます。

 

あとがき

今回はイスカのコンプレッションバッグについてのご紹介でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。