EVERNEW(エバニュー)専用のアルコールストーブ カルデラコーン レビュー

今回はアルコールストーブのご紹介です。

エバニューの『チタンウルトラライトクッカー1 ECA251R』専用のアルコールストーブ、トレイルデザインズの『カルデラコーン(EV60)』というストーブをご紹介します。

エバニューでリリースしているわけではなく、アメリカのトレイルデザインズというところでつくられています。ちょっとかさばるけど、使用時はとても静かで、燃料込みでガスストーブより軽くて、お湯しか作らないのならこれがおすすめです。これはエバニュー本家でもだしてほしいです。

エバニューのチタンウルトラライトクッカー1をお使いなら、検討してみても良いかもです。

ちば

アルコールストーブは静かで軽いのでけっこうおすすめですよ!

カルデラコーンのメリット

軽い

 

必要なものは、このような感じ。

 

燃料は変動するので除くと147g。

 

同じ要領でSOTOウインドマスターを測ってみます。158gです。

 

燃料の比較

これはFREELIGHTの『PPボトル スケールキャップ100ml』。満タンで400mlの水を7~8回沸騰できます。ナルゲンのボトルでもよいと思いますが、こちらはキャップで測れるのですごく便利です。

 

こんな感じで計ることができます。

 

こちらはガスの110缶。

 

こちらはガス250缶。

 

沸騰時間が早い

カルデラコーン(EV60)でちょっと実験してみました。夏場の冷房の効いた室内で、15mlの燃料で常温の水400mlを5:40で沸騰させます。

以下は参考動画です。※音がでます。

 

風防ゴトク一体型

アルコールストーブの使用には、風よけの風防とクッカーをのせるゴトクが必要ですが、カルデラコーンは風防ゴトクが一体型です。風に強く、これだけあれば良いので便利です。

 

クッカーをセットすると安定感があり転倒しにくく安全

『カルデラコーン(EV60)』は円筒状になっていて、下側が広がってます。クッカーをセットすると転倒しにくくなります。これはけっこう評価できるポイントだと思っています。アルコールストーブは使用中に倒したりするとけっこう危ないのですが、他のアルコールストーブに比べて安心です。

 

付属のストーブ以外でも使用可能だが、燃焼効率は付属ストーブが安定

付属のストーブが意外に高性能です。ほかのに変えても使用できますが、そのままで良いかもです。

 

アルコールの他に、固形燃料も使用可能

エスビットなどの固形燃料でも使用できます。『カエン』という固形燃料(旅館の湯豆腐などを温めるアレ)がけっこうおすすめです。

 

通常はこのような燃料用アルコールを使います。

 

固形燃料はカエンがけっこういいです。なんか、着火すると宴会の香りがします。保存時は3個ぐらいずつラップにくるんで、さらにジップロックに入れておけば長期間保存可能です。

 

カルデラコーンのデメリット

エバニューチタンクッカー専用でつぶしが効かない

『カルデラコーン(EV60)』はエバニューのクッカー専用なので、ほかの鍋ではセットできません。デメリットではあるのですが、この感じも結構好きです。

 

収納時は地味にかさばる

専用のケースがありますが、これに入れるとかさばります。少々曲がったりしてもよければ、普通の小さい袋に丸めて入れることもできます。

 

付属のストーブはかっこいいが華奢なので、ちょっと不安

付属ストーブはまあまあ華奢です。踏んだりしたらたぶんダメだと思います。

 

地面保護のため、何か敷いた方が良いかも

これは100均のなべ敷き。諸事情(ソロストーブの下に敷いた)で焦げていますが、アルストとは関係ないです。芝生の上などで使用する場合は、100均のコルクの鍋敷きやカーボンフェルトなどがあったほうが良いかもです。

 

カルデラコーンの入手方法

私はMoonlight Gearさんで入手しました。岩本町のショップも何度か行っています。おすすめショップです。

出典:Moonlight Gear

 

アルコールストーブ全般のメリット

  • ガスストーブより軽い
  • 使用時の燃焼音が静かで、ほぼ無音。周囲の音を損なわず、沸騰するまでの時間を静かに過ごすことができる
  • お湯を作る以外の機能を求めないなら最適
  • 燃料はドラッグストアで調達できる

ただし、使用するストーブの燃費の良さ・何回使用するかによって燃料も変わるため、たっぷり燃料を持てばアルストのほうが重くなる場合も

 

アルコールストーブ全般のデメリット

  • 火加減調節がやや微妙のためあまり調理には向かない

→トランギアのは蓋が付いていて微調整が可能だったり、とろ火に調節できる器具があったりもしますが、それでもガスの方が断然楽です。

  • 風に弱く、風防必須。ゴトクも必須
  • 寒さにもそんなに強くない
  • 火力は弱め
  • 必要な量がいまいち分かりづらい
  • 基本的に着火後は入れた燃料が切れるまで燃焼を止められない
  • 使用中に転倒したりすると大変なことになる
  • 昼間は火が見えない
  • 着火時は[ボッ]という音にちょっと驚く
  • 山歩きなどで歩き倒した後に使うとやや面倒に感じる。

 

これまでに使用してきたアルコールストーブ

これまでに使ってきたアルコールストーブをご紹介します。アルコールストーブはいろいろリリースされていて楽しいですよ。

トランギア

 

  • 伝統的スタイルで美しい
  • 蓋つき
  • ストームクッカーという専用クッカーもあり、拡張性もある。

 

エバニューのチタンのやつ

 

  • チタン製で軽い
  • 燃費が少々悪いが、高火力
  • 使用すると、綺麗に色付いてくる

 

自作のやつ

アルコールストーブは自作できたりします。やってみると結構楽しいです。ちゃんと燃えると感動です。探したのですが見つからなかったので、見つけたらUPします。

 

あとがき

今回はアルコールストーブについてご紹介しました。最後まで読んでいただきありがとうございました。