テント泊山歩き 南アルプス 鳳凰三山

今回は南アルプス 鳳凰三山に行って来た話です。

前回は夜叉神峠から青木鉱泉に降りるコースを行き楽しかったので、また行ってみました。

ポイント

ちば

ポイントは以下のようなところです。
  • 時期は2019/06/01-06/02
  • 残雪すこしあり
  • 韮崎駅からレンタカー
  • 夜叉神峠からのピストン
  • 南御室小屋でテント泊、翌日に薬師岳、観音岳に行く

コース概略

全体の行程

ちば

だいたいの場所と時間です。

【1日目】

 

新宿駅(07:00)・・・韮崎駅(08:36)

(09:00)・・・夜叉神峠駐車場(09:48)・・・杖立峠(12:10)・・・南御室小屋(14:20)

 

 

【2日目】
南御室小屋(04:40)・・・薬師岳小屋(05:40)・・・薬師岳(06:00)・・・観音岳(06:20)・・・薬師岳小屋(07:10)・・・南御室小屋(08:20)・・・夜叉神峠駐車場(11:00)・・・韮崎駅

 

 

コースの地図

ちば

ざっくりした地図です。

夜叉神峠からのピストンで、1日目は南御室小屋まで2日目に三山を登って戻ってくる感じです。地蔵ケ岳は今回登らずでした。

 

鳳凰三山に持っていった山道具

ザックに入れたもの(消耗品除く)

ちば

ザックの中身です。

 

種類製品名重量(g)
ザックOMMマウンテンムーバー55+151,010
テントLOCUS GEAR  クフ・シル452
寝袋ISUKA ダウンプラスデナリ9001,600
モンベルU.L. コンフォートシステムピロー74
マットエバニューFPmat125192
Klymit スタティック V ジュニア416
グランドシートSOLヘビーデューティーブランケット228
ストーブSOTO ウインドマスター68
クッカーエバニュー チタンクッカー191
エバニュー 400FD48
LIGHT MY FIRE チタンスポーク20
ライトPETZL イーライト26
ランタンGoal Zero LIGHTHOUSE micro78
レインウェアpatagonia クラウド・リッジ・ジャケット371
モンベル バーサライトパンツ94
ザックカバーモンベル ザックカバー35L118
防寒着モンベル EXライトダウンジャケット158
着替えTシャツ、靴下他491
常備薬165
泊りセットカイロ、歯ブラシ、汗拭きシート157
合計5,857

 

ザックに入れた消耗品

ちば

消耗品関係です。
種類備考 重量(g)
ガス250缶318
1L1,000
水入れnalgene フォールディングカンティーン 1.5L67
250ml302
食料パスタ、スープなど690
合計2,377

 

サコッシュに入れたもの

ちば

サコッシュに入れているものです。
種類製品名 重量(g)
サコッシュ山と道サコッシュ54
デジカメSONYα5100453
地図山と高原地図33
電話iPhone8193
筆記用具74
合計807

 

服装・ウエア類

ちば

着ていたものです。
種類製品名重量(g)
インナーPatagoniaキャプリーン・ライトウェイト・クルー92
パンツTHE NORTH FACE アルパインライトパンツ390
シューズアルトラ ローンピーク2.5600
帽子NIKE #35719751
手袋日本野鳥の会 アウトドアグローブ56
ポールFIZAN TREKKING COMPACT FRELIGHT354
合計1,543

 

鳳凰三山までのアクセス

ちば

前回は甲府から始発のバスにのって行きました。

出典:山梨交通

登山バスなら甲府駅から夜叉神峠に行けますが、このときは運行開始前だったので今回は韮崎から夜叉神峠までレンタカーを使いました。料金は1泊2日で約15,000円でした。タクシーで行けばよかったかも。

 

ちば

南アルプスの登山バスの運行開始時期、時刻表などの最新情報については山梨交通で確認できます。

 

タクシーについては、芦安観光トラベルサービスを参考にしました。

 

1日目

韮崎駅

韮崎駅に到着です。天気が良いです。

 

改札でやや渋滞

 

レンタカーを借りに行きます。トヨタレンタリースが駅に一番近くて便利かもです。

 

 

ヴィッツです。受付を終えて、ザックを積んでカーナビを適当にセットして出発です。

 

グーグルマップによると韮崎駅から夜叉神峠駐車場までは54分かかるようです。

 

 

夜叉神峠駐車場

夜叉神峠駐車場に到着です。寄り道はしなかったので、1時間ぐらいで到着しました。

 

 

ここの駐車場は100台スペースがあるようですが、半分ぐらいが埋まっていました。

 

 

出典:山梨県

駐車場マップです。

 

 

夜叉神ヒュッテ

駐車場には隣接して夜叉神ヒュッテ(夜叉神の森)があります。リニューアルしていました。

 

帰りに立ち寄りました。

 

準備して、すぐ近くにある登山口から出発です。

 

新緑な感じです。少し暑かったです。ここで水を買い忘れたことに気付きました。手持ちが朝めし用に買った500mlだけだったので、次の小屋で調達する事にしました。

 

夜叉神峠小屋

夜叉神峠小屋に到着です。水を一本追加しました。500mlで400円。

 

白峰三山。眺めがいいです。少し休憩して先に進みます。

 

 

少し歩くと小さい看板がありました。予約のお願いのようです。

 

大崖頭山の途中にあるベンチで休憩します。やや高くて座りづらいです。

 

杖立峠は休まず通過しました。

 

 

苺平の手前で昼食。ちょうど降りてきた方に先の様子を教えてもらいました。翌日は赤岳行くのだそうで、羨ましい。

 

 

昼飯後に出発です。岩が多い感じです。

 

この後、ちょこちょこ雪が残っていました。ここで軽アイゼンを忘れたことに気づきました。最近忘れ物がおおくて困っています。雪はシャーベット状で意外に歩ける感じだったので、行くことにしました。

 

途中auの案内がありました。

 

小屋近くにはドコモの電波が入る場所がありました。

 

 

南御室小屋

南御室小屋に到着です。今日はここで終了です。テントを張ってごろごろすることにします。

 

 

ちば

テントの受付・手続方法は以下のような感じです。

 

  • カウンターでテント利用を申し出る
  • 台帳に必要事項を記入し代金を支払う
  • テントに付けるタグをもらう
  • 水場、トイレは写真の位置を確認

地図です。

 

テント用の板は300円。

 

水が美味しいです。冷たいです。

 

 

受付を終えたらテント場に行きます。5~6張の先客の方がいました。この後2~3組増えました。テント場は雪がなかったです。まだ湿っているところが多かったので、先客のいる位置が乾いていたのかもですね。

 

ビールが飲みたいので、急いでテントを張ります。地面がゆるゆるでペグが効いてない感じでした。

 

 

なんか濡れてるなーと思ったら、水入れの底から水漏れが発生していました。ややショックでしたが、とりあえずひっくり返して使いました。

 

 

ほたての貝柱と黒ラベル×2。この日はつまみも補充してなくて、寄せ鍋とキムチ鍋スープだけたっぷりあるという謎の状態だったので、早めにめしをたべて寝ました。

 

2日目

4時起床。人が起きている気配で目が覚めました。日没から朝にかけての気温は2~3℃ぐらいでした。寒くてカイロを2つ投入しました。

今回は地面が湿っていたせいか、いつもより結露がひどかったような気がします。夜中にポールをけとばしてしまい、軽く倒壊しました。シュラフカバーも忘れてきたので寝袋が湿ってやや寒でした。

 

薬師岳を目指します。

 

朝から坂でテンションが下がります。しかも途中の雪質が固くなり、不安になりました。

 

しばらく歩いて稜線上にでました。先行していたグループが歓声を上げていて、なんだか楽しい感じです。

 

けっこう唐突に周りの植生が変わります。

 

薬師岳小屋に到着です。

 

薬師岳小屋

ちょっと中に入ってみます。全体的に新しい感じです。コーラと山バッジを買いました。

 

一階の食堂。広くてきれいな感じでした。

 

二階は上がりませんでしたが、明るい感じです。

 

洗面所がありました。

 

入口は冬仕様になっていて、板が張り巡らせてありました。

 

小屋から出発します。小屋付近はちょっと雪が残っていました。先に進むとまた展望が開けてきます。

 

薬師岳

薬師岳に到着です。撮った写真を見返すと、白峰三山がやたら写っています。

 

稜線歩きが続きます。

 

観音岳に到着です。

 

地蔵ケ岳を確認します。

 

八ヶ岳(たぶん)。

 

パノラマで撮ってみました。

 

富士山。

 

ちょっと休憩して戻ります。

 

下を向いてよく歩いているのですが、すぐ近くに鳥がじっとしていてびっくりしました。何かを咥えています。

 

 

南御室小屋に戻ってテントを撤収します。

 

夜叉神峠駐車場まで戻ります。

 

雪で少し滑りつつ、やや飛ばして帰ります。

 

11:00ぐらいに到着しました。荷物を車に入れます。

 

夜叉神ヒュッテでお風呂に入りました。11:00から利用開始なので、一番風呂でした。600円でした。

 

この後韮崎まで戻って、ガソリンスタンドを探すのに軽く迷って、ようやく電車に乗れました。

 

 

お土産にてぬぐいを買いました。

 

 

あとがき

今回は鳳凰三山に行ってきた話でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。