テント泊山歩き 北アルプス・蝶ヶ岳と常念岳

今回は北アルプス・蝶ヶ岳と常念岳に行ってきました。三股から周回しました。

 

ちば

ポイントは以下のようなところです。
ポイント
  • 時期は2019/07/13-14
  • ルート上に雪無し
  • 夜行バス利用
  • 初日に常念岳に行き蝶ヶ岳ヒュッテでテント泊、翌日に蝶ヶ岳に行く
  • 初日の夜から翌朝まで雨

コース概略

全体の行程

ちば

だいたいの場所と時間です。

【前日・移動のみ】

竹橋駅(23:00)・・・蝶ヶ岳温泉からタクシーに乗換・・・三股駐車場(04:20)

 

【1日目】
三股駐車場(04:20)・・・三股登山口(04:40)・・・前常念岳(09:00)・・・常念岳(10:10)・・・蝶ヶ岳ヒュッテ(14:45)

 

【2日目】蝶ヶ岳ヒュッテ(07:00)・・・蝶ヶ岳(07:05)・・・三股登山口(09:50)・・・三股駐車場(10:00)・・・蝶ヶ岳温泉(13:50)

・・・新宿(19:00)

 

 

コースの地図

ちば

ざっくりした地図です。

三股から常念岳→蝶ヶ岳の順に周ります。

 

アクセス

出典:まいたび

ちば

今回は毎日あるぺん号で行きました。

乗ったバスはこちら

毎日あるぺん号東京発 北アルプス/燕岳・常念岳・蝶ヶ岳方面

 

出典:まいたび

 

前日

毎日新聞社

出発前の毎日新聞社の一階フロア。人が多いです。出発の15分ほど前に受付が始まり、乗るバスの号車などを確認します。トイレを済まし、ついでに歯も磨いて、乗ってからはすぐに寝ました。三股行きは、蝶ヶ岳温泉からタクシーに乗り換えです。

 

1日目

三股駐車場

朝4:30に三股駐車場に到着です。眠いです。トイレが混んでる。

 

南安タクシー。このタクシーはバス料金に含まれていて、予約不要で乗継します。蝶ヶ岳温泉から三股までは15~20分ぐらい?で到着しました。

 

駐車場の様子。準備を整えて出発します。

 

 

まずは20分ほど林道歩きです。

 

三股登山口

三股登山口です。登山届を記入して出発します。

 

 

前常念へ行く人への注意書き。不安になります。三股登山口からすこし歩くと、蝶ヶ岳と常念岳への分岐があります。今回は常念岳から周回するのでこちらに行きます。

 

今回は何となく常念から回ることにしましたが、初日に頑張れば蝶ヶ岳ヒュッテに泊まれて帰りが楽だし、逆ルートで常念小屋に泊まるより、初日にしんどいポイントが集中するので体力のある内にしんどそうな常念近辺を済ましておきたいと思いました。

結果としては、行けたけど楽だったのかはよくわからない感じでした。

 

登り始めはこのような感じです。やや急ですが、まあ普通の道です。ここで、水を1Lしかもっていないことに気づきました。

足りなくなったら常念小屋で買えばいいやと思い、とりあえずそのまま進みます。

 

7時くらいに周囲が明るくなり、森林限界に近づきました。

 

はしごを登ります。このあたりから大きめの岩が多くなりました。

 

曇っていてガスもあり、展望なしです。

 

蝶ヶ岳の方を撮ってみましたが、なんだかわかりません。

 

雷鳥発見。1羽目。食事中でした。

 

雷鳥発見。2羽目。ルート上で砂浴び中でした。ちょっと離れたところを通過します。

 

石室に到着です。

 

前常念岳に到着です。8:50頃。

 

たまにガスが取れて、穂高連峰が見えます。

 

 

ここからは1時間ぐらいで山頂なのですが、結構疲れていて長く感じました。岩が多いです。

 

雷鳥発見。3羽目。子連れでした。ヒナは3~4羽いましたが、ハイマツの中にいてうまく撮れませんでした。

一日でこんなに雷鳥に会う日は初めてです。

 

下の方に小さく見えるのが常念小屋。

 

常念岳

常念岳山頂です。10:10頃。ここでお湯作って食事したいところですが、この段階で水が500mlしかないのでシリアルバーを食べて済まします。

 

ちょっと休憩してから稜線歩きです。蝶ヶ岳ヒュッテを目指します。

 

常念岳を降りていく途中でようやくガスが取れて、槍ヶ岳が見えました。このあとまた見えなくなりました。

 

頂上から2時間歩いて振り返るとこのような感じ。岩で急な下りだし、もう結構疲れているのでしんどいです。ちなみにこの写真にある稜線上でエバニューの傘を落としてしまいました。テン場で使う予定だったのでショック。

おすすめの折りたたみ傘 EVERNEW(エバニュー) ウルトラライト アンブレラ レビュー

 

 

2592ピーク。蝶ヶ岳ヒュッテまで3km。山の3kmってわりとありますよね。

 

4:30から歩き続けて、このとき13:00。気分的にはもうだいぶビールが飲みたい感じです。このとき、蝶槍に着いたものと勘違いしてしまっていて、それに気づいてしばらく蝶槍を見つめてしまいました。

 

蝶槍まではもくもくと登り、14:00に到着しました。ちまちま飲んでいた水がここで無くなりました。

 

蝶ヶ岳ヒュッテまでは40分ぐらいで着きました。このあたりから風が強くなり、歩いていても体が冷える感じになりました。

 

蝶ヶ岳ヒュッテ

蝶ヶ岳ヒュッテに到着です。テントの受付をして、ビールを買います。

 

入口。開けるとすぐに自炊スペースがあります。

 

受付でテントを申し込みます。水は1L200円。

 

1番を入手。2番も欲しい。

 

このバッジ好きです。

 

このてぬぐい好きです。

 

テント場。風よけのできるハイマツの近くには張れず、真ん中の何もないところになりました。不安ですが、こちらは槍ヶ岳が見やすいです。

 

ビールを買ってきて、とりあえず飲みます。風も強いですが、雨も降ってきました。

 

テントからの眺めはこんな感じ。天気が良かったら最高ですね。

この後はごろごろして早めに寝ました。夜は雨と風が強まりましたが、なんとか朝まで持ちました。

 

2日目

7:00。雨で寒いです。水を補給した後、タクシーに電話して11:00に三股に来てもらうよう予約しました。帰りのタクシーは自分で手配します。実際には10:00に着いてしまった。

 

三股に向かう前に、一旦蝶ヶ岳の山頂に向かいます。

 

雨で展望なし。小屋から近いです。

 

蝶ヶ岳から三股間は整備されていて歩きやすかったです。

 

途中にあるまめうち平。少し休憩します。

 

花がけっこう咲いています。

 

 

 

三股登山口に到着です。10:00頃に駐車場についてしまい、11:00までタクシーを待つ予定でしたが、たまたまタクシーが来ていて乗せてもらえたので、蝶ヶ岳温泉まで行ってもらいました。

 

持っていった山道具

ザックに入れたもの(消耗品除く)

ちば

ザックの中身です。

 

種類製品名重量(g)
ザックOMMマウンテンムーバー55+151,010
テントHILLEBERG エナン1,183
寝袋ダウンハガー800#3ISUKAエア150X575+389
モンベルU.L. コンフォートシステムピロー74
マットエバニューFPmat125192
Klymit スタティック V ジュニア416
グランドシートSOLヘビーデューティーブランケット228
ストーブSOTO ウインドマスター68
クッカーエバニュー チタンクッカー191
エバニュー 400FD48
LIGHT MY FIRE チタンスポーク20
ライトBlack Diamond スポット87
ランタンGoal Zero LIGHTHOUSE micro78
レインウェアpatagonia クラウド・リッジ・ジャケット371
モンベル バーサライトパンツ94
ザックカバーモンベル ザックカバー35L118
防寒着モンベル EXライトダウンジャケット158
着替えTシャツ、靴下他491
常備薬165
泊りセットカイロ、歯ブラシ、汗拭きシート157
テーブルチタンの板137
アイゼンモンベルの軽アイゼン528
合計6,678

とりあえず軽アイゼンを持って行きました。今回も使いませんでした。

 

ザックに入れた消耗品

ちば

消耗品関係です。
種類備考 重量(g)
ガス250缶318
1L1,000
水入れnalgene フォールディングカンティーン 3.0L79
250ml302
食料パスタ、スープなど690
合計2,389

水1Lは少なすぎでした。

 

サコッシュに入れたもの

ちば

サコッシュに入れているものです。
種類製品名 重量(g)
サコッシュ山と道サコッシュ54
カメラSONYα5100453
地図山と高原地図33
電話iPhone8193
筆記用具74
合計807

 

服装・ウエア類

ちば

着ていたものです。
種類製品名重量(g)
インナーPatagoniaキャプリーン・ライトウェイト・クルー92
パンツTHE NORTH FACE アルパインライトパンツ390
シューズキャラバン グランドキング GK8X1,320
帽子NIKE #35719751
ポールBlackDiamond ディスタンスカーボンZ262
合計2,115

 

あとがき

今回は北アルプス・蝶ヶ岳と常念岳に行ってきた話でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。