テント泊山歩き 北アルプス・奥穂高岳と前穂高岳

今回は北アルプス・奥穂高岳と前穂高岳に行ってきた話です。涸沢ヒュッテでテント泊しました。

ちば

ポイントは以下のようなところです。
ポイント
  • 連休でない金曜に夜行バスで出発
  • 時期は2019/09/06-09/08
  • 初日は上高地から前穂高岳、奥穂高岳を登って涸沢ヒュッテでテント泊
  • 翌日は横尾経由で上高地へ

コース概略

今回のご紹介する内容の前提は以下のようなところです。

全体の行程

【車中泊】

新宿西口(22:00)・・・上高地(05:00)

 

 

【1日目】
上高地バスターミナル(05:00)・・・前穂高岳登山道・・・岳沢小屋・・・紀美子平・・・前穂高岳・・・奥穂高岳・・・穂高岳山荘・・・涸沢ヒュッテ(17:00)

 

 

【2日目】
涸沢ヒュッテ(07:00)・・・横尾山荘・・・小梨キャンプ場・・・新宿(21:00)

 

コースの地図

今回ご紹介するルートの大まかな地図は以下のような感じです。

出典:yamakei-online

 

持っていった山道具

 

ザックに入れたもの(消耗品除く)

種類製品名重量(g)
ザックOMMマウンテンムーバー55+151,010
テントモンベル ステラリッジ11,568
寝袋モンベル ダウンハガー800#3675
寝袋ISUKA(イスカ) エア150X389
モンベルU.L. コンフォートシステムピロー74
ヘルメットマムート ロックライダー260
マットエバニューFPmat125192
Klymit(クライミット) スタティック V ジュニア416
グランドシートSOLヘビーデューティーブランケット228
ストーブSOTO ウインドマスター68
クッカーエバニュー チタンクッカー191
エバニュー 400FD48
LIGHT MY FIRE チタンスポーク20
ライト(ブラックダイヤモンド) スポット87
ランタンGoal Zero(ゴールゼロ) LIGHTHOUSE micro78
サンダルルナサンダル べナード215
レインウェアパタゴニア クラウド・リッジ・ジャケット371
モンベル バーサライトパンツ94
ザックカバーモンベル ザックカバー35L118
防寒着Patagonia(パタゴニア) ハイロフトダウンフーディー416
着替えTシャツ、靴下他491
常備薬165
泊りセットカイロ、歯ブラシ、汗拭きシート157
合計7231

 

ザックに入れた消耗品

水は2L以上持った方が良かったかも。

今回は行動食も少なめだった

種類備考 重量(g)
ガス250缶318
1.5L1,500
水入れnalgene(ナルゲン) フォールディングカンティーン 3L79
250ml302
食料パスタ、スープなど690
合計2889

 

サコッシュに入れたもの

種類製品名 重量(g)
サコッシュ山と道サコッシュ54
デジカメα5100399
地図山と高原地図33
kindlekindle paperwhite205
筆記用具74
合計765

 

服装・ウエア類

種類製品名重量(g)
インナーPatagoniaキャプリーン・ライトウェイト・クルー92
パンツアークテリクス185
インナーファイントラック ドライメッシュ194
シューズ600
帽子51
手袋日本野鳥の会 アウトドアグローブ56
ポールFIZAN TREKKING COMPACT FRELIGHT354
合計1,532

 

前日の行程

 

【車中泊】

新宿駅(23:00)・・・上高地バスターミナル(05:15)

 

新宿からバスに乗りました。都庁前の駐車場です。

 

 

集合場所の駐車場で受付を済ませます。23時ごろなのに、すごく暑いです。

 

 

ちば

車中泊セットはこのような感じです。

  • 扇子
  • タオル
  • 上着(レインウェア)
  • おにぎり

途中のサービスエリア休憩時に割と雨が降っていたりするので、レインウェアか傘があるとやや便利かもです。

 

バス購入方法

バスは毎日アルペン号にしました。バスだと乗り継ぎなどをあまり考えなくてもいいので楽ですね。テント泊なので、バスのみの往復で13,000円ぐらいでした。

 

一日目の行程

ちば

この日は上高地バスターミナルから歩きます。

【1日目】
上高地バスターミナル(05:00)・・・岳沢小屋・・・紀美子平・・・前穂高岳・・・奥穂高岳・・・穂高岳山荘・・・涸沢ヒュッテ(17:00)

 

 

 

バスターミナルですこし準備して、歩きはじめます。

 

 

河童橋を渡り岳沢へむけて歩きます。ここから岳沢小屋までは4km。

 

 

途中にある風穴。冷たいような気もしましたが、よくわかりませんでした。すこし立ち休みで休憩しました。

 

 

天気がすごく良かったです。岳沢小屋を過ぎたあたりからはずっと直射日光で暑かったです。

 

 

岳沢小屋に到着です。静かです。少し休憩して入り口にある水場(有料)で水を補給します。ここからヘルメットを装着しました。

 

岳沢小屋を過ぎると急な坂が続きます。

 

ハシゴがいくつかあります。これは割と長いやつで、途中が歪んでいて少し不安でした。

 

途中の展望があるところで休憩しました。

 

 

ようやく前穂高岳の手前の紀美子平に到着です。前穂へはここで荷物をデポして空身で行けるので、楽といえば楽です。往復で1時間ぐらいなのですが、水を忘れました。

 

前穂高岳までは、微妙に渋滞していて先行している方の後をついていくだけなので、なんとなく着いてしまいました。山頂からは槍が見えました。この日は天気が良かったので結構色々見えました。

 

奥穂高岳。これから向かいます。

 


前穂山頂で撮った動画です。

 

こちらは常念。

 

こちらは蝶ヶ岳。

 

紀美子平まで降りてきて、少し休憩したあとに吊尾根を経由して奥穂高岳を目指します。ずっと岩場で、道幅も狭く、険しいですね。途中、他のパーティから悲鳴が聞こえてびっくりしました。1・2メートルほど滑落しただけで、幸い無事のようでしたが、見ていて怖かったです。

 

奥穂山頂は混んでて写真は止めました。休憩だけして涸沢を目指します。穂高岳山荘が見えます。ここは展望がすごく良かったので、次に来たときはここに泊まりたいです。

 

山荘の近くは急斜面になっていて、クサリ、ハシゴが連続します。小屋が近くて気が緩んでいるのでけっこう危険です。慎重に降りました。

 

まだ途中だけど、ビール飲んでしまいました。美味かった!展望はこのような感じ。このまま飲み続けたかったですが、涸沢ヒュッテまで降ります。ザイテングラードを下っていきます。

 

今回は泊まりませんでしたが、ここのテント場のほうが涸沢より展望があって良さそうでした。というか、今回のルートだと穂高岳山荘のテン場に泊まってご来光観て、翌朝ザイテングラード降りて帰った方が充実度高そうな感じに思えました。

 

 

ザイテングラードは、ルートそのものよりも、涸沢が見えてるのに中々着かないのがしんどかったです

 

 

17:00少し前にようやく涸沢に到着しました。

 

テント受付・手続方法

  • テン場内に受付の小屋があります
  • 小屋外で申込書を書き、紙だけ受付に出します
  • テント受付は17:00まで
  • 料金は一泊1,000円です
  • テントにつけるプレートを受取ります
  • プレート返却は小屋外にボックスがあるのでそちらへ

受付の時間は季節により変動するかもです。

 

取りあえず、ビールを飲みます。このときは売店のラストオーダーが17:00、閉店が17:30でした。間に合って良かった。

 

 

テントに戻って焼酎の出汁割りと鶏の炭火焼きを食べました。

 

深夜1時ぐらいの気温は10℃。この時間に腹が減ってカップヌードルを食べ、改めて寝ました。

 

二日目の行程

【2日目】
涸沢ヒュッテ(7:11)・・・横尾山荘(07:39)・・・小梨キャンプ場(09:00)・・・上高地バスターミナル(10:19)・・・新宿(21:00)

この日は横尾へ降りて、ただ帰る感じです。

 

朝飯は食欲がなかったので、カロリーメイトをつまんで出発です。

 

 

途中の吊橋で休憩しました。

 

横尾山荘でも休憩です。

 

小梨キャンプ場でお風呂に入りました。その後、ここで飲みながら時間を潰しました。
スマホを100円で充電もできます。酒が豊富&山価格でないので最高です。30分くらい本搾りを飲みつつ充電をしました。

 

あとがき

今回は北アルプス・奥穂高岳と前穂高岳に行ってきた話でした。

最後まで読んでいただきありがとうございました。