11月に小屋泊山歩き 那須岳に行ってきた

今回は那須岳に行ってきた話です。

 

コース

全体の行程

ちば

片道2時間ぐらいです。

 

【1日目】
那須ロープウェイ山麓駅・・・峰の茶屋跡避難小屋・・・三斗小屋温泉

 

 

【2日目】
三斗小屋温泉・・・峰の茶屋跡避難小屋・・・茶臼岳・・・那須ロープウェイ・・・山麓駅

 

地図

ちば

今回ご紹介するルートの大まかな地図です。

出典:YAMAP

 

持っていった山道具

 

ザックに入れたもの(消耗品除く)

 

ちば

今回はダウンを持っていくのを忘れました。

 

種類製品名
ザックOMMマウンテンムーバー55+15
マットエバニューFPmat125
グランドシートSOLヘビーデューティーブランケット
ストーブSOTO ウインドマスター
クッカーエバニュー チタンクッカー1
エバニュー 400FD
エバニュー デミタスカップ
無印良品 竹箸23cm
LIGHT MY FIRE チタンスポーク
ライト(ブラックダイヤモンド) スポット
ランタンCARRY THE SUN(キャリー・ザ・サン)
レインウェアパタゴニア クラウド・リッジ・ジャケット
モンベル バーサライトパンツ
ザックカバーモンベル ジャストフィット パックカバー 35L
着替えTシャツ、靴下他
常備薬
泊りセットカイロ、歯ブラシ、汗拭きシート
ダウンパンツモンベル スペリオルダウンパンツ

 

ザックに入れた消耗品

ちば

冬は山専ボトルに白湯を入れて持っていくことが多いです。
種類備考
ガスソト(SOTO) パワーガス トリプルミックス SOD-725T
1L
水入れプラティパス(プラティパス) 2L
水筒サーモス ステンレスボトル FFX-751
250ml
お湯500ml
食料アルファ米、スープなど

 

サコッシュに入れたもの

種類製品名
サコッシュ山と道サコッシュ
筆記用具

 

服装・ウエア類

ちば

寒さ対策として、パタゴニアのR1フリース、テムレス、モンベルのメリノウールのネックゲイターを使いました。
種類製品名
インナーファイントラック ドライメッシュ
インナーPatagoniaキャプリーン・ライトウェイト・クルー
保温着パタゴニア メンズ・R1プルオーバー
パンツアークテリクス
シューズcaravan グランドキング
帽子モンベル
ネックゲイターモンベル スーパーメリノウール EXP.ネックゲーター
インナー手袋モンベル メリノウール グローブ タッチ
手袋テムレス TEMRES02WINTER
ポールFIZAN TREKKING COMPACT FRELIGHT

 

那須岳へのアクセス

那須岳へのアクセスは那須ロープウェイで検索するとわかりやすいです。

 

路線バス時刻表、料金

那須塩原駅から那須ロープウェイまでの料金、時刻表の最新情報は関東自動車公式サイトで確認できます。2020年11月時点では大人1,430円です。到着まで1時間20分ぐらいかかります。

注意点としては、このバスは11月にダイヤが変わります。冬ダイヤは那須ロープウェイまで行かず、大丸温泉までになります。ヤマップによると、大丸温泉からロープウェイまでは徒歩20分です。

 

ロープウェイ時刻表、料金、営業期間

那須ロープウェイの最新情報は那須ロープウェイ公式サイトで確認できます。2020年11月時点では大人片道1,200円です。20分間隔の運行です。2020年の営業期間は3/19から12/13までです。11月ぐらいだと強風で止まっていることが多く、あまりあてにしない方がいいかもです。

 

三斗小屋温泉煙草屋の予約と営業期間

この小屋は完全予約制です。予約状況は三斗小屋温泉煙草屋で確認できます。2020年は11月28日で小屋閉めのようです。一泊二食で10,000円です。

 

 

一日目の行程

ちば

この日は新幹線とバスで移動します。

【1日目】
東京駅・・(新幹線)・・那須塩原・・(バス)・・那須ロープウェイ山麓駅・・・

・・・峰の茶屋跡避難小屋・・・三斗小屋温泉

 

那須塩原駅のバス停です。那須ロープウェイ行きのバスを待ちます。

 

 

一時間ほどで那須ロープウェイ・山麓駅に到着です。駅の中ですこし準備して、歩きはじめます。

 

ロープウェイは止まっていました。

 

 

山麓駅横にある駐車場からスタートします。

 

 

すこし歩くと登山口に到着します。雪がすこし残っています。

 

日陰部分は思ったより雪と氷が残っていました。軽アイゼンは持ってきましたが、面倒なのでここではつけずに歩きます。天気は良かったですが風が強めでした。耳と顔が冷たいのでネックゲイターを引き上げて顔をまもります。

 

 

道はこのような感じでした。日の当たるところは溶けていて普通の道になっていました。

 

 

避難小屋に到着です。風が冷たいので中で休みます。風が強すぎたのでここで茶臼岳行くのは明日にして早々に小屋に行くことにしました。

 

 

天気が良いです。

 

 

 

避難小屋をすぎると風がかなり弱まりました。雪もほとんど残っていませんでしたが、下りの日陰のところがあり、そこだけアイゼンつけました。

 

 

だいたいアイゼン付けるとルート上からすぐ雪や氷がなくなるのですが、このときも50mぐらいで雪がなくなりました。

 

延命水。このあたりは濡れていて泥っぽい感じの道でした。

 

 

2時間ほど歩いて煙草屋に到着しました。

 

 

日帰り入浴やランチなどを期間限定でやっているようです。

 

 

 

受付時にお風呂の利用時間などの説明を受けます。申込書には自分の体温も記入します。

 

 

荷物を置きます。通常は3-4人で使うこの部屋を一人で使いました。小屋についたらダウンにとりあえず着替えるのですが、ダウン持ってくるのを忘れてしまいました。ダウンパンツは持ってきていたので、上着はフリースとレインジャケットの重ね着で我慢することにしました。

あと、関係ないですがトイレの床と壁がリフォームされててきれいでした。

 

 

なんか寒いので温度計を確認したら、午後2時で室内の気温は9℃でした。1,000円で石油ストーブを借りることもできます。

 

 

お昼を食べていなかったので一旦外に出て塩ラーメンとビールをいただきます。火器類は外で使用します。

 

 

食後は露天風呂に行きました。混浴・女性専用時間が切り替わるの注意です。

 

 

温泉から上がったらあとはごろごろしながら夕飯まで過ごしました。夜にもう一度露天に入りましたが露天風呂は照明がないので、ランタンかヘッドライトがあると便利です。

 

ちば

持っていったランタン、ヘッドライトは以下の記事でご紹介しています
CARRY THE SUN(キャリー・ザ・サン) ウォームライトスモール 山用のヘッドライト Black Diamond(ブラックダイヤモンド) スポット

 

 

二日目の行程

朝は1℃ぐらいでした。朝食を食べてから出発です。ここのご飯は炊きたてでかなりおいしいです。

露天は朝6:30まで入浴可能(この時間は混浴)なので、かなり寒いですがやる気になれば朝風呂してからご飯を食べることもできます。

 

 

二日目も天気が良いです。しかもほぼ無風でした。昨日来た道を戻りそのまま帰ろうと思っていましたが、せっかくなので茶臼岳に向かうことにしました。

 

前日泥っぽかった道も凍っていて快適です。

 

避難小屋から茶臼岳を目指します。

 

到着です。無風で静かでした。

 

遠くの山もよく見えます。

 

ロープウェイで下山しました。

 

 

路線バスの那須湯本温泉で下車して鹿の湯に立ち寄りました。バス停から徒歩2分ぐらいです。大人500円です。

 

 

出典:鹿の湯

温泉はこんなかんじです。鹿の湯の最新の情報についてはこちら

 

帰りのバスまで時間があったので、近くの那須温泉神社に参拝しました。ご朱印もいただけるので、ご朱印帳も持っていけば充実度が高そうですね。

ちば

あとから調べたら、2020年11月時点では書き置きのご朱印対応のみのようです。頂いておけばよかったです。

那須温泉神社についてはこちら

 

ちば

温泉のある山小屋については以下でもご紹介しています。
温泉トレッキング!温泉のある山小屋でテント泊

 

あとがき

今回は那須岳に行ってきた話です。最後まで読んでいただきありがとうございました。