ニッチフォンSに使用できるSIMを比較してみた

今回はニッチフォンS用のSIMをご紹介したいと思います。

現在、私はソフトバンクのガラケーと、GMOのモバイルルータを解約し、ニッチフォンS+マイネオに切り替えました。各社のプランを見て、私が理解できた範囲で表にまとめようと思います。2社見て力尽きました。調査方法もまあまあざっくりです。

 

ニッチフォンSで動作確認済みSIMのみを対象としています。そのニッチフォンSも2018年9月15日にLTEモデルがリリースされます。そのためか、現行モデルがちょっと安くなっているような気がします。お得ではあります。

ニッチフォン自体の記事はこちら

軽くて小さい携帯 ニッチフォンS

前提

前提は以下のようなところです

ちば

  • ニッチフォンSで動作するSIM
  • 音声とSMSを使える
  • データ量は最小のプラン
  • ひとりで使うので、お子や家族割は未考慮
  • 電話をかける相手もいないので、かけ放題も未考慮

ニッチフォン公式サイトに「動作検証済み」SIM一覧があります。こちらを参照しています。

 

確認した条件・ポイント

 

以下の条件・ポイントをチェックしました

ちば

  • 無料通話の有無・ある場合はどういう形か(かけないけど)
  • 普通に電話した場合の通話料金体系はどうか(かけないけど)
  • 初期費用(事務手数料+SIMカード費用)はいくらか
  • 契約期間・違約金の有無
  • 2018年9月から12月までのお得なキャンペーンは

比較表

マイネオとIIJmioで力尽きたので、2社の比較をしたいと思います。

会社名マイネオIIJmio
プラン名称1mineo Dプラン デュアルタイプ 500MBIIJmioモバイルサービス 音声通話機能付きSIM ミニマムスタートプラン
プラン名称2デュアルタイプ

(データ通信+音声通話)

タイプD/ドコモ網
基本料金(税込)1,512円1,728円
データ量500MB3GB
事務手数料3,240円3,240円
SIMカード368円426円
国内通話料20円/30秒20円 / 30秒
国内通話料(アプリ)アプリ使用で10円/30秒アプリ使用で10円 / 30秒
10分以内の通話アプリ使用で誰でも10分以内が定額 850円 / 月アプリ使用で誰とでも3分&家族と10分  600円 / 月
アプリ使用で誰とでも10分&家族と30分 830円 / 月
契約期間利用12カ月目の末日まではMNP転出手数料が12,420円
特典 申込期限2018年11月6日2018年10月3日
特典 名称祝 トリプルキャリア!3つそろって333キャンペーン(Dプラン)IIJmio夏祭り データ量2倍キャンペーン
特典 基本料金6か月間1,400円→333円6か月間1,600円→1,000円
特典 データ量なし6か月間3G→6G
特典 手数料なし事務手数料3,240円→1円

IIJmioの夏祭りは10月までやっているんですね。夏が長いです。

 

あとがき

今回はニッチフォンSに使用できるSIMについてご紹介しました。最後まで読んでいただきありがとうございました。