キャンプのお供に!GRANITE GEAR(グラナイトギア)のエアジップサックレビュー

今回はグラナイトギアのエアジップサックXSのご紹介です。ソロキャンプで使うこまごまとした山道具をまとめておける使いやすいスタッフバックです。

ちば

おすすめの袋です

外観・重量

全体のサイズ感、重量など

本体重量は36gです。

 

容量は9L。

 

ファスナーの引手部

 

生地はコーデュラナイロン。

 

複数の小さなものを入れるようなときに便利

エアジップサックXSは長辺側がオープンするため、複数のものが入っているときにすぐに確認できて快適です。

真ん中が大きく開くので中身を確認しやすい。

 

サイズによって色分けされてわかりやすい

周囲が暗くなってもわかりやすい色です。XSはレモンライムという色です。

 

生地がサラサラしていてザックの出し入れが快適

ザックから取り出すときは他の荷物と干渉せず、するっと取り出すことができて快適です。また、短辺側に取っ手が付いていて便利です。

 

用途を決めて入れるのがおすすめ

私は主に食事関連のものを入れています。生ものを持っていく場合は、別の記事でご紹介しているグラナイトギアのエアセルブロックスを使っています。テントから少し離れた場所で焚き火をする時などは便利です。

夏のソロキャンプにおすすめ!GRANITE GEAR(グラナイトギア)エアセルブロックスM レビュー

 

エアジップサックに主に入れているもの

  • 食料
  • 火器類(ガスなど)
  • 調味料
  • ナイフ
  • ライター
  • つまみ
MEMO
中に入れるものはジップロックで小分けにして入れるのがおすすめ

出しっぱなしにしておいた方が便利

キャンプ中は常にその辺に置いておいて、中のものを使い終わったらとりあえずにここへ放り込んでしまえば、紛失するのを防ぎやすいです。

 

買ったときの袋が便利

エアジップサックXSを買ったときに本体が収納されている袋は意外に使えます。

本体と同じく中央が大きく開くので、小さなものを収納するときに便利です。

 

 

山と道のサコッシュにいれると収まりが良く便利です。サコッシュはこちらでご紹介しています。

キャンプにおすすめ!山と道サコッシュのレビュー

 

完全防水ではないが、濡れにくい

縫い目は防水処理されておらず、ファスナーも普通ですがふつうに置いたとき、下側に縫い目が無いので濡れにくいです。

裏地の縫い目。特に防水処理はされていない。

 

ファスナー裏側。

 

今回ご紹介した製品

あとがき

今回はグラナイトギアのエアジップサックについてご紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。