ダイソーのメスティンを買ってみた

今回はダイソーのメスティンについてです。

ちば

トランギアメスティンを既に持っている方やお試しで使ってみたい方にはおすすめです。

良いところ

トランギアのメスティンに収まる

ダイソーメスティンはトランギアのメスティンの中に収まるので、トランギアメスティンを持っている方、メインに使っている方はおすすめかもです。一番のメリットかもしれないです。

この2つを持っていけば、ひとつは炊飯用として他一品作れるので結構実用的かもです。メスティンのフタは皿としても使い勝手がいいので、皿が2つ使える感じですね。

 

 

2つ持っていっても270gなので、まずまずの軽さです。

 

 

見た目はトランギアメスティンとほぼ同じです。

 

 

 

 

予想以上にご飯は普通に炊けた

水加減や炊く時間など、いつもメスティンでやっている炊き方で試したところ、予想以上に美味しく炊くことができました。

 

 

安い

価格は500円(550円税込み)です。一般的なキャンプやアウトドア用の鍋に比べてかなり安いのが良いですね。

 

 

 

軽い

重さは120gです。軽いですね。

 

 

バリがほぼなかった

縁の部分のバリがほとんど気にならない感じでした。トランギアメスティンのほうがむしろバリが多く感じました。

ただ、食器としても使うので気になるようなら紙ヤスリで軽くこすっておいたほうがいいかもですね。

 

少量の揚げ物用鍋として便利

4w1hのコンパクトフライヤーという製品がありますが、これと似たような感じでメスティンは家で少量の揚げ物をする時にかなり使えます。少ない油で揚げることができる上に、フタが付いているので油もきれいに保存できます。

 

参考 コンパクトフライヤー4w1h

 

 

気になったところ

あまり売っていない

ダイソーにはよく行くのですが、見たことがなかったです。あまり売っていないのがデメリットですね。

 

 

蓋は緩い

自分で調節可能ですが、割と蓋がゆるゆるです。炊飯時に蓋が簡単に浮いてくるので注意です。

 

 

レトルトのカレーはかけにくい

サイズ感的に、ダイソーメスティンで炊いたご飯の上に普通のレトルトのカレーをかけると溢れます

 

 

取手のゴムが緩い

取っ手部分のゴムがゆるゆるです。これは多分何回かの使用で交換になりそうな予感がしています。

 

 

リベットが水加減の目安にならない

ダイソーメスティンのリベット部は、ご飯を炊く時の水加減を調整する目安としては使えませんでした。自分でマークを付けるなどしたほうがいいかもです。

 

 

 

ちば

トランギアのメスティンについてはこちらの記事でご紹介しています。
家でもメスティン炊飯する方法

 

 

あとがき

今回はダイソーのメスティンについてご紹介しました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。