IoTではじめる親の見守り!MESHとIFTTTでLINE通知 その1

父の7回忌で実家に帰ったとき、母、姉、ぼくの3人で食事しました。
母はとある田舎でひとり暮らし。70歳。血圧が少し高いが元気。姉はちょっと離れた同じ市内に一家で住んでいる。ぼくは東京でふらふらしている。母は元気なので、冗談で孤独死が話題に上がった。

でも、腐って発見されるのだけは嫌

いやいや、それ発見するあたしだって嫌
・・・(たしかに嫌だよね・・・なら、そうなる前になんとか検知できれば!)

ぼく

MESHタグで「何か」を検知し、IFTTT経由でLINE通知する

考えたのが、MESHタグ→IFTTT→LINE通知する案でした。IRタグが必要になるので、イニシャルはかかりますが、維持費はほぼゼロ、仕掛けはシンプルです。グーグルホームからの家電操作に夢中になっていた時期のあるぼくとしては、この案は実現できそうな気がしました。

イメージ図

必要なもの

  • SONYのMESHタグ
  • IFTTT
  • LINE

トリガ問題

この時は、何を検知するか問題になりました。要件的には特に「元気かどうか」が重要な課題だったので、「2、3日以内に異常を検知できるか」に的を絞って検討しました。

 

姉の案:冷蔵庫の開閉をモーションセンサで検知

冷蔵庫は一日に一回は開けるよね

とのことで、この案を強く主張してきました。母は一日家にいることが多いです。確かに、家にいれば冷蔵庫は必ず使うので、なかなか説得力があります。

 

ぼくの案:キッチンか居間への移動を人感センサで検知

・・・いつも行く場所へ移動してるのをとらえればいいんじゃないでしょうか(小声)

ぼく

母はきれい好きで、しかも元気なので、一日中家の掃除や、ちいさな家庭菜園の世話だったりとずっと何かをやっています。「元気なことを検知したい」ので、冷蔵庫は使わないにしても、この動きを捉えられればいいので、この案を出しましたが、聞いてもらえませんでした。

 

期待効果

まだ何とも言えませんが、仮にうまくいった場合の効果です。

遠く離れた親の見守り機能

遠隔地からも確認できます。

 

見守られ側は設定不要

元気でいてくれれば、問題ないです。泊まりで出かける時など、長時間不在になる場合は連絡しておく必要があります。

 

見守り側はラインだけ気にする

ラインは日常的に使うので、それほどハードルが高くないと思います。

 

ロジックを組めれば、さらに凝った仕様にも

今回の案だと、検知するたびにLINE通知なのでやや煩い仕様です。なので、「直前の検知から一定時間内に再検知できなかった場合にだけ」LINEするほうがより良いように思います。

イメージ的には常に24時間タイマーをカウントダウンしていて、検知したらタイマーを初期化・再開し、そうでなければLINEする、ようなのができれば精度が増しそうです。

 

まとめ

今回はMESHタグを使って考えた見守り案でした。google homeとIFTTT連携はやっているので、大体の設定はできそうですが、MESHタグはまだ使ったことがありません。テストできていないので、続編を追って書きたいと思います。